おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近買ったもの | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
イブン・ジュバイル(著)、藤本勝次・池田修(監訳)「イブン・ジュバイルの旅行記」

裏表紙の紹介文を丸写ししますと“十二世紀末、ムワッヒド朝グラナダ大守の書記イブン・ジュバイルが美文で綴ったメッカ巡礼旅の記録。アレクサンドリア、カイロ、メッカ、メディナ、バグダード、ダマスクス、十字軍支配下のエルサレム……。カアバ神殿や大モスク、巡礼儀礼を克明に描き、苦難の長旅、諸都市の見聞を通して地中海東方世界事情を生々しく伝える中世「旅行記」の代表作。”とありまして、まさにその通りの内容であります。

パウロ・コエーリョの「アルケミスト」でも起点となったタリファからモロッコへ渡り、海賊の跋扈する地中海を1か月かけてエジプトへ…ナイル川沿いに砂漠を越え紅海を横切りメッカに9か月もの長逗留、帰路はアラビア半島の更に北へと足を伸ばしてシリアを回る聖地巡礼の3年余りに及んだ仔細な報告書です。
後年の旅行記作家に度々引用されるほど優れた記録ですが…飽くまでイスラム教徒の見聞録で、物語的な要素のない報告書ですね。
訳註込みで509頁の大著。

あらゆる物事の単位が脳内換算できず、しかも「シトロンの木」や「ザムザムの水」なんて完全に異世界設定ですな…まえがきの著者プロフィールや旅費の財貨を得た経緯なども、本文に劣らず興味深いです。
詳細な拝礼作法などの記述は退屈ですが即興詩を織り混ぜる説教には優雅さを感じましたし、恍惚となる会衆の異様さも興味深いです…でも暦を発達させた文明的な社会にも関わらず、いちいち新月が見えたかどうかで揉めてるのが不思議。

とにかく印象的なのは、崇拝または忌避の対象に漏れなく称賛か非難の言葉が添えられている点で…これは格に従って定型化されているようですが、全編が“神の下僕にして神の代行者、信者らの長たるアブー・ムハンマド・アルムスタディー・ビ・アムリ・アッラーフ――神が彼に強き助けを与え給わんことを――が”といった調子なのです。
敬虔な信者である著者に連れられてイスラム世界を旅すると、イスラーム本来の寛容さに気付かされます。

キリスト教や仏教に比べれば時代の割に女性を人扱いはしているようですし、王候に集中する財力も他宗教に比べてノーブリス・オブリージェの精神が機能している様子が伺えました。
ところがシチリアで難破した一行を救助したギルヤーム王を、暴君と非難している事には非常に驚きました…この人はエルサレムの和平を実現した皇帝と同一人物ですよね(と思ったら4代も前のウィレルムス2世みたいでした)、イスラム信仰を許して積極的に登用している善行を書き連ねつつ暴君とはキナ臭いな。

スーフィーに関しては様々な宗派が集うメッカでは僅かに修道場を記すのみで、ザーヒルが(巡礼者のために個人が設立した休憩所)を意味する事は意外でした…ダマスクスではスーフィー人口が高く、彼らの舞踏に関する記述もあります。
また当時すでにアスワドが黒人を指す言葉で使われていた事、レバノン山のキリスト教徒(マロン派か?)や周辺の町は戦時下でありながらムスリムに友好的だった事も興味深かったです。

砂漠の旅は夜行軍で、やはり日中は休息を取るようです…よく生体リズムとか規則正しい生活なんて言うけど、人類全体でみれば僅か数十年の戯れ言ですな。笑
キャラバンの過酷さや各地での巡礼者への対応、ヤマン(イエメン)人との交易などに遥かな時代を肌身に感じられて実に素晴らしい空想旅行を体験できました。


関連記事:
【最近読んだ本】西尾哲夫「図説 アラビアンナイト」| 2009.10.21
【最近読んだマンガ】伊藤結花理「めくるめく幻想絵巻 千夜一夜物語」| 2009.11.01
【最近読んだ本】ティエリー・ザルコンヌ「スーフィー イスラームの神秘主義者たち」| 2012.08.15
【最近みたDVD】「アズールとアスマール」| 2014.12.06
【最近読んだ本】木島安史「カイロの邸宅 アラビアンナイトの世界」| 2015.11.14
0
    | books | 2012.12.19 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top