ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
ドリ・ハダー(著)、鈴木望(訳)「ミンガリング・マイクの妄想レコードの世界」

実は図書館で、ずーっと気になっていたのです…ただ副題に「アウトサイダーソウルアート」とあり、その点だけが解せなくてねぇ。
芸術をアカデミックに学んでない輩はアウトサイダーっすか、そもそもアウトサイダーってカテゴライズの下心からして厭なんだよ。

それはさておき、本書の経緯は実にユニークです。
古いR&Bのコレクターである著者が、蚤の市巡りで買い込んだ超レア盤!…と思ったら単に光沢塗料で仕上げた丸い段ボール、その量と出来の良さに本業の捜査スキルを発揮して作者本人を探り当ててインタビューに及んだという次第で。
在野の芸術家、いや早すぎた日比野克彦と言っても過言ではないミンガリングの作品と制作の背景が収められた大判の作品集です。

'68〜'76年に制作された膨大なシングルとアルバム群と実際の8トラック・テープによる'76年の音源は、貸し倉庫の支払いを滞納したため無断で世に放たれて思いがけない形で陽の目を浴びる機会を得たのです。
まさに塞翁が馬、著者らからの訪問を受けた時も借金取りかと警戒したそうで…当時も今も富裕層には程遠いながら、若い彼が注ぎ込んだ青春の残滓は予想外の注目を運んできた訳です。

デビュー前のマーヴィンを身近に感じ、JBに憧れるシンガー志望の若者…部屋で従兄弟と歌ってアセテート盤をプレス出来たら満足で、つまり理想はあっても野心には繋がらない気持ちは僕にも覚えがあります。
そして架空のアルバムを思い浮かべるところまでは僕も一緒なんです、レーベルや方向性を考えたりするのも分かるんだ…けれど実際にジャケットだけでなくレコード盤まで工作して、詳細なクレジットや有名人の推薦文まで書き込んで実物の薄いビニール・カバーを上手に剥がして被せるまで徹底した情熱はなかった!

描いてくうちにデッサン力は磨かれたのか、拙い絵ではありますが不思議と魅力を感じます。
そして僕は、こうしたあり方にこそ真の芸術性を感じるのですが如何でしょう?
あと、訳者が付けたと思われる架空の邦題もまた一緒に楽しんでる感じでイカしてる!


関連記事:
【最近読んだ本】池田満寿夫・佐藤陽子「20世紀レコード・ジャケット傑作集」| 2009.04.26
【最近読んだ本】「アウトサイダー・アート」 | 2013.11.08
【最近読んだ本】チャールズ・シミック「コーネルの箱」 | 2014.10.05
0
    | books | 2012.12.22 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top