おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 今ふと思ったこと >>
最近聴いたCD
MARCOS VALLE「Jet-Samba」

マルコス・ヴァーリといえば、カエターノエリス・レジーナといったボサノバ第二世代に属するミュージシャンと思っていましたが…本作は再発じゃなく'05年の録音でジャケの姿も思ってたより若いので、自分が思い違いしてたのかと確認の意味もありまして。
それにアートワークも非常に魅力的だったし、彼のクレジットでピアノとギターの前にフェンダー・ローズと記されていたのも非常に気になったんですよね。
そういや音色がボサノバに合いそうな割に、ありそうでなかったじゃん?って。

で。
執拗に確認してしまいましたよ…(これ本当に'05年の新録だよね?)って。
まぁボサノバらしくはないけれど、フェンダー・ローズもロニー・リストン・スミスみたいな(ほわぁ〜ん)としたパンニングじゃないけど特徴的なエレピ・サウンドで心地好いんですよ?
ただ、あまりに70年代を忠実に再現した曲調と音色で(何故これを今やるの?)と不思議でなりません。

全12曲インスト生演奏のセルフ・カバー、それは大いに結構です…しかし敢えてCTIのエレベーター・ミュージックを指向してたとしても、もうちょい鮮やかさが欲しいのです。
「ゲッツ/ジルベルト」以降のボサノバ・ブームにクリード・テイラーが提唱した(聴き込まないジャズ)をCTIだとして、これは原点回帰なのかもしれませんけどね…なんか統一感もないし、ザル売りされてる「しなびた果物」って感じ。
せいぜい昔の映画音楽。


関連記事:
【最近聴いたCD】V.A.「ザ・ボサノヴァ 3」| 2007.10.16
【最近聴いたCD】V.A.「Remix Trax Vol.10 Misturada」| 2008.02.14



*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Marcos Valle - "Jet Samba"』(この辺はまだ聴ける2曲目ですが、中盤は完全にイージーリスニングで終盤はCTIでも流行った“ジャズでクラシックを演る”的なノリの鍵盤という、分裂気質なアルバムなのです)
0
    | music | 2013.01.01 Tuesday | comments(0) | - |













    ↑ top