ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近みたDVD >>
最近読んだ本
エンツェンスベルガー(著)、丘沢静也(訳)「ロバートは歴史の天使」

読み始めてしばらくは、正直なところ(退屈だな)と感じていたけど…外国の児童向けの物語というと「ソフィーの世界」を筆頭に、そういった印象は一般の翻訳小説よりも多々あると思っていたんですよ。
そしたら案の定、中盤から展開の波に乗った後はほとんど一気読みでしたね。

主人公は、とかく(ぼーっ)としていて無意識に手近な物をポケットに入れちゃう少年…しかも指でまぶたをこすると、白日夢というか意図しない景色が見えるという不自然すぎる設定で。
両親の帰りを待ちながら、ぼんやりテレビを眺めているうち目をこすったらタイムトリップしてしまう…「テルミン」を連想させる冷戦下のソビエト、戦後まもないオーストラリアなど窮地に陥ると幻視が発動して過去へ飛んでしまうのね。

急にTVのチャンネルを回されたような脈絡なさの時間旅行には、ロバート同様に僕も混乱しましたよ。
大人の読書としてはビジュアルと記憶の相関関係とかドイツ人の近代史を考察するのも一興です、僕は純粋な冒険劇「放蕩息子の帰郷」を楽しみましたけどね。
ドイツではタブーと聞くヒトラーへのドキッとする言及やドイツ成立前夜の世界史に立ち会うスリルなど、著者の代表作「数の悪魔」を既読なら一段と楽しめるのかもしれませんけども。

1998年のマールスフェルト(ドイツ)から始まって1956年のノボルシビスク(旧ロシア)、1946年のアナビー(南オーストラリア州アデレード近郊?)、1930年のマルスフェルト(ドイツ)、1860年のクリスチャニア(現オスロ・ノルウェー)、1702年のヴェストファーレン(ザクセン公国・現ドイツ)、1638年のストラスブール(フランス)、1621年のアムステルダム(オランダ)を経て“帰郷”・・・と、時間旅行の始まりから終わりまでをメモ。
世界史を知ると一段と楽しいのかもな、というかドイツ史か。


関連記事:【最近読んだ本】ローランド・ソーモン=シェーファー「ベレーニケに贈る小さな哲学」| 2008.10.17
0
    | books | 2013.01.06 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top