ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ライマン・フランク・ボーム(著)、ウィリアム・ウォレンス・デンズロウ(画)、宮本菜穂子(訳)「オズのふしぎな魔法使い」

亀井俊介なる人物と巽孝之が監修を務める「アメリカ古典大衆小説コレクション」の2巻目で、全12巻の内では「ベン・ハー」と並ぶ著名な作品です。
子供の頃に読んだり、テレビで観たりしてきた物語ではありますが…こうして大人向きに訳された本作を読み直してみると(こんなにも面白かったのか!)と、文字どおり「目からウロコの落ちる思い」でした。

前半でドロシーたちはエメラルドの都へと辿り着いてしまい、西の魔女を退治するよう命じた偉大な魔法使いも中盤で舞台から退場してしまいます…失意のドロシーが旅発つ南の国への新たな冒険と意外な魔法でカンザスへ帰り着くまでの、ストーリーテリングや伏線は“RPGの祖”と詠われる「指輪物語」と並ぶ現代ファンタジーの源泉と言って差し支えないでしょう。
しかしドロシーが養女で養い親は無愛想で、その上カンザスが灰色に褪せた荒れ地だったなんて!

本作が書かれたのは1900年、ワイルドウェストが消滅しローラ・インガルスは成人しヨーロッパ富裕層にグランドツアーが流行った時代…「奇跡の少年」から「テルミン」へ移行する、オカルティズムとテクノロジーとが同居していた時代の空気を解説する巽孝之の文章も非常に興味深いです。
マーク・トウェイン作「アーサー王宮廷のヤンキー」ウィリアム・モリスによる「ユートピア便り」の系譜や、商魂逞しい著者の波瀾の実生活とルイス・キャロル作「不思議の国のアリス」と本作の関連性など。

余談ですがP.K.ディック(数多くの作品が映画化されているSF作家)に多大な影響を与えたのも、著者の没後も書き継がれたオズ・シリーズなのだとか。


関連記事:【最近みたDVD】「オズの魔法使い」| 2013.03.11
0
    | books | 2013.01.09 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top