おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「銀河ヒッチハイク・ガイド」

原作は超有名なSF小説で、どのぐらい有名かというと…検索エンジンGoogleが採用した「究極の解答」の元ネタだったり、レベル42の名前の由来だったり。
そんな原作は未読な訳なのですが、いきなり「モンティ・パイソン」ばりのイルカ・ミュージカルとは面食らってしまいましたね!
原作どおりでなく新解釈らしいですが全体的に英国系のユーモアに充ちています、どこの映画かは知らないけれど…ジョン・マルコヴィッチサム・ロックウェル、マーティン・フリーマンにゾーイー・デシャネルといったクレジットからすると、まさかアメリカ?

公権力による自宅の強制撤去や異世界ビジュアルには「未来世紀ブラジル」と共通のイメージを感じるし、自宅の強制撤去レベルでスカッと地球を消去しちゃうという快感も消滅願望の現れに思えなくもないし…人類がネズミのオモチャだった的な自虐的発想とか天地再創造というシニカルなアイデアが妙に感動的な辺り、原作自体がイギリス人の作家によって書かれているのかもしれませんけどね。

タブレットPC型「宇宙の歩き方」や、何故かソファーに変身しちゃったり…全宇宙の叡知を結集したロボットがチープな造形で後ろ向きな性格だとか、ライトアップされたヴォゴン人ソルジャーなど70年代に公開された「スターウォーズ」以来の独創性を感じるガジェット群が魅力的です。


〈イルカ・クジラ〉関連記事:
【最近読んだ本】川端裕人「クジラを捕って、考えた」| 2007.07.18
【最近読んだ本】よしもとばなな「イルカ」| 2008.04.15
【最近読んだ本】リチャード・プラット/朝比奈一郎「海賊」| 2009.01.04
【最近読んだ本】池澤夏樹/高砂淳二、垂見健吾「クジラが見る夢」| 2009.01.25
【最近読んだ本】中村庸夫「ルンバ・ルンバ……イルカに出会うとき」| 2010.06.01
【最近の驚き・発見】女性のおでこはイルカっぽい| 2010.08.21
【最近やったゲーム】PS2ソフト「エバーブルー」| 2011.11.29
【最近読んだ本】星野道夫「森と氷河と鯨」| 2013.10.24
【最近読んだ本】相川結/HIROKAZU「トウキョウ イルカ 東京(魚敷)」| 2014.04.17
【最近読んだ本】ウィリアム・ギブスン/テリー・ビッスン/嶋田洋一「JM」| 2014.07.16
【最近読んだ本】中村風詩人「ONE OCEAN」| 2015.12.19
【最近みた夢】ヴァーチャル技術のパビリオン| 2016.10.21
【最近読んだマンガ】石塚千尋「ふらいんぐうぃっち」3巻| 2017.02.16
0
    | cinema | 2013.01.12 Saturday | comments(0) | - |













    ↑ top