おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
ザップ&ロジャー「歴史大全」

原題「All The Greatest Hits」、ソロとしても活動するロジャー率いるザップは'80年にジョージ・クリントン傘下でデビュー。
故にPファンクとして認知しておりましたが、セカンド・アルバム以後はPファンク一派とは距離を置いた活動方針を取っていたのだそうで…って、本作は再聴なのですが解説書は初めて読んだような気が。笑

というかロジャーのアルバムは本作しか聴いた覚えがないのに、スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズの絶品バラード「Ooo baby, baby」カバーが収録されてないのは何故だろう…しかも聴いた事ないマーヴィン・ゲイ「I heard it through the grapevine」カバーが収録されてるのも妙な気分です、ジャケは見間違えようがないしなぁ〜?

ともあれパフューム以降ボコーダー人気が復活してますが、ボコーダーといえばザップでありロジャーでしょう…と思ってたら実は彼らが得意とするロボット・ボイスの正体はボン・ジョヴィでお馴染みのトークボックス、そのロボット的なボーカル遣いと特徴的なディスコ・サウンドの明快なコンセプトで一度聴けば二度と忘れない位のインパクトがありますよ。
まぁこのウネウネ・グルーヴは聴く人を選ぶので、苦手な人は一生好きにならないのではないでしょうか。

正直、僕も以前アルバムを通して聴いたらウンザリしましたが…それは似通った曲調のレゲエやブルースを聴き続けるような感じで、だけど「I want to be your man」などアクの強い持ち味をメロウに仕上げたバラードには魅了されます。
ただ、トークボックスのチューブを咥えながら甘いバラードを歌われても冗談にしか思えませんけども。
それと、ベスト盤とはいえ17曲は濃過ぎませんか?笑


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Zapp and Roger Live 1989』(ライブで観るとアホっぽい・・・笑)


『ROGER&ZAPP-I wanna be Your man - LIVE!』(聴いてる分にはメロウなんですけどねぇ?)
0
    | music | 2013.01.25 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top