おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」4巻

1巻2巻を読んで(3巻も再読しよう)と思いつつ先に進んでしまいました。
人間とロボットが共存する明るい未来、ですが明るさに比例して闇は深まるもので…それは反ロボット教団によるテロ活動だけでなく、トラキア合衆国の大国主義が絡む巨大な陰謀として姿を現し始めました。

湾岸戦争からイラク侵攻に至った、アメリカの手口を彷彿とさせるトラキアの外交…「ペルシア王国は天才科学者ゴジ博士の手でロボット兵団を製造している」というトラキアの指摘によって派遣されたボラー調査団、次々と怪死している科学者たちを結ぶ共通点は調査団メンバーだった過去。
指摘の根拠は何も得られなかった筈なのに、それに何故今になって?
というか、ボラーって何?

特別警護を受けているお茶の水博士にゴジを名乗る者が接触、アトムへの命令を出せと要求してきます。
市民ロボットの電脳をハックしたり記憶チップを隠滅したりという辺りはサイバーパンクですな、そして限りなく人間に近付いてゆくロボットに組み込まれた殺人を冒させないプログラムが人間の知り得ない苦悩をロボットに強いていると。
今回はアトムが死にます、もう呆気なく瞬殺です。

反ロボット教団の計画にとってゲジヒトは重要な駒らしく、その背後には彼の記憶を改ざんした上層部の影がちらついて見えます。
そしてゲジヒトを兄の仇と憎むアドルフが持っていたカラ・テバ刑務所の映像から、かつてペルシア戦争を起こした独裁者ダリウス14世によるボラー調査団メンバー殺害指示が!

ゲジヒトを作った強化金属ゼロニウム発明者ホフマン博士は、新たに殺害された光子エネルギーの発見者ハワード博士が作ったエプシロンによって安全確保されます…人工知能の権威でアトムを作った天馬博士との秘密会議、表舞台から闇社会へと消えた彼とボラー調査団がペルシアで見つけたテンマ型チップの更なる謎が浮上してきました。
今回ラストを飾るのは表紙の人物で、碇ゲンドウかと思ったら天馬博士でした。


前巻
0
    | comic | 2013.02.01 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top