ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」3巻

4巻を過ぎての再読です…ウランとプルートゥの交流を軸に、光子ロボットのエプシロンと反ロボット教団のアドルフが初登場です。

中央アジア紛争の発端は、旧ペルシア王国内での人道主義に反するロボット虐待や差別と大量破壊ロボット製造疑惑でした…トラキア合衆国が主導したボラー調査団の派遣と、ウヤムヤのうちに始まった紛争の鎮圧を要請された世界最高の7体。
その調査団メンバーと7体のロボットを標的とする殺害/破壊行為の謎を、もはや単純化した勧善懲悪で語れる時代ではありません。

ユーロポール捜査官のゲジヒトもまた7体の内の1つであり、亡き兄の復讐を誓うアドルフは教団の活動方針に利用されていきます。
7体の中で唯一人、紛争への徴兵を拒んだエプシロン…世界中から非難されながらも、今こそ憎しみの連鎖を断ち切れと訴えます。
彼の言葉どおり「大義なき争い」となった中央アジア紛争、その渦中で目撃された巨大な人影こそが「大量破壊ロボット=ボラー」なのか…日本に潜伏していたプルートゥの二面性と、謎めいたアブラー博士の目的は何なのか?

しかし上手いですね見せ方が、未来世界にベタな昭和ギャグをまぶしてみるだけでなくカット割りで映画的なユーモアを演出したり…でもひょっとしたら同じクライム・サスペンス「MONSTER」の手法で、舞台を過去から未来に移したようにも思えなくはなかったり。
夏目房之介による巻末あとがきで“浦沢的主題”として挙げられた「記憶」や「人間性への懐疑」は、P.K.ディック直系という感じですね。


前巻

次巻
0
    | comic | 2013.02.07 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top