おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
カルチャー・クラブ「ベスト・オブ」

彼らのベスト盤は以前にも愛聴していたけど、本作は僕が聴いてたのと収録曲や曲順やらが若干異なる。
そりゃあ'04年リリースだもんなぁ、といっても僕が聴いてたのも90年代の前半だったと思うけど。

いうまでもなく彼らは80年代のポップ・アイコンだ、しかし僕が思い出すのは日本版ペントハウス創刊のCMに使われた「君は完璧さ」を聴いた時の衝撃であって以降のMTVヘビロテ曲では断じてない。
あの曲で僕はSSW時代の終焉を予感し、同時にまた(80年代のモンキーズ)の到来を感じもした…しかし後になって気付けば同類と見なしたデュラン・デュランは自作自演バンドだったし、アイドル・グループだったとはいえ中心人物のボーイ・ジョージも作詞作曲をこなしていたのだった。

90年代のベスト盤で初めて聴いた「Victims」「Time (Clock of the heart)」は本作にも収録されていてるし、皆さん御存じのヒット・ナンバーも当然ながら網羅されている。
ギター・カッティングにベース・ラインにドラミング、その何れにもプロのミュージシャンらしい堅実さと洗練された雰囲気を感じたものだ…いや(玄人っぽさ)というべきか、ちょっとしたフレーズを真似しようにも思い出せない感じの。

今となっては驚くに値しないとしても、案外に陳腐化してないのはダンス・ミュージックの特権なのかな?
0
    | music | 2013.02.09 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top