おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたアニメ
「攻殻機動隊S.A.C. SOLID STATE SOCIETY ANOTHER DIMENSION」

「攻殻機動隊」とはハードSFコミック「アップルシード」で知られる士郎正宗の「GHOST IN THE SHELL」からアニメ化された作品群で、TVシリーズは「STAND ALONE COMPLEX」というサブタイトルが付きます。
更に、その中で「SOLD STATE SOCIETY」と名付けられた続編シリーズを再編集し、劇場版3Dアニメとして制作されたのが本作です。

“情報ネットワークと、サイボーグ技術の発達により、人々の意志が電脳で繋がれた未来…複雑化する犯罪の根を、事前に捜し出し、これを除去する、内務省直属の独立部隊、公安9課…通称「攻殻機動隊」”
2034年、13人のテロリスト連続殺人事件が発生…その背後には、超ウィザード級ハッカー「傀儡廻(くぐつまわし)」の暗躍が?
9課とは別に事件を追う少佐の残した“ソリッド・ステートには近付くな”、独裁者の亡命と福祉システムに絡む国家規模の陰謀。

実は先日、深夜テレビ枠で放映されていたのを身内に録画してもらったのです。
しかし焼いてもらったDVDは、そのプレーヤーでしか再生できない仕様で…結局、こうしてレンタルしてきて視聴する羽目に。笑
しかしながら本作は普通のDVDですから肝心の3D映像が再現される筈もなく、どうやらそこら辺を踏まえて「ANOTHER DIMENSION」という事みたいです。
つまりTVシリーズ「G.I.T.S. S.A.C. S.S.S.」の総集編という訳ですね、それでも新規描き起こしや映像全体のグレーディングなど細かく手を加えたようで。

劇場作品として作られた「GHOST IN THE SHELL」「イノセンス」押井守が監督しましたが、10年前から続くTVシリーズ「S.A.C.」は電脳犯罪の社会ドラマが前面に出ています…しかも「S.S.S.」では主人公の少佐=草薙素子が9課から外れ、トグサやバトーらによる近未来刑事ドラマへとシフトしています。
もちろん草薙なくして攻殻は成り立たないですし、本作も「イノセンス」ほどの不在感はありませんが。
菅野よう子の音楽も、攻殻には欠かせない要素です。


〈神山健治監督〉関連記事:
【最近みたDVD】「老人Z」| 2014.04.12
【最近みたDVD】「009 RE:CYBORG」| 2015.08.16

〈攻殻機動隊〉関連記事:
【最近読んだマンガ】「攻殻機動隊」| 2008.07.24
【最近みた映画】「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0」| 2008.08.05
【最近みたDVD】「攻殻機動隊 新劇場版」| 2013.02.13| 2016.08.19
【最近みたDVD】「イノセンス」| 2016.11.27
【最近みたDVD】「ゴースト・イン・ザ・シェル」| 2018.04.15
0
    | animation | 2013.02.13 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top