ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近みたDVD | main | 昨日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ブレードランナー(完全版)」

スゴいですよねぇー、1枚のディスクに「オリジナル版」「最終版」と本作の3本を収録できるなんて!
オリジナルに対して本作は海外版だそうで、違いは暴力・残酷シーンが含まれる位…日本で公開されたのも本作のバージョンでしたね、吹き替えの日本語はオリジナルと同一ですけど。

SF映画の体裁ではありますが、ノスタルジックなハードボイルド・ディテクティブを意識した映像ですね…逆にストーリーは「犯人vs.刑事」という体裁を借りて、レプリカントという人造人間を通じた重層的な物語に仕立てています。
クイーンがナイトを動かし、ビショップが王手をかける…しかし王は万能の神とはなり得ず、反逆者として殺される覚悟で製造元まで戻ってきた彼らの最後の希望は消えてしまいます。

夜行性動物のような瞳を持つレプリカントの、ウォー・ペイントやコヨーテのようなハウリングは先住民族の魂が宿ったようで…もちろん彼らが知る由もなく、人体工学の結晶が呪術的に振る舞うとは皮肉ですね。
動物や人間を使役し搾取してきた、異質な存在への無理解が生む恐怖心なのか…ガフの折り紙は、奴隷の歴史なのか魂の進化なのか?

レプリカントが最終的に憎悪する人間を救う理由は謎めいていますが、その不可解な行動に命の美しさを感じさせる演出がロジックを圧倒するのでしょう。
もう一人のレプリカント、レーチェルが自分を人間だと信じている序盤はロボット然としていて、人間ではないと知った後の方が人間らしいのもユニークです。
フィル・リノット似の脇役刑事ガフは、観れば観るほど味がありますなぁ。

人工生命にとっての死とは何か、人は虐げる存在にも感情を求めているのか?…なんて思うと「プルートゥ」が思い浮かびますけど、SFと哲学を繋ぐ場所にロボットがいるのでしょう。


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Blade Runner-Love Theme-Full version』(「ブレードランナー愛のテーマ」です、布袋寅泰がカバーした後半の盛り上がりは原曲にはないけれど甘いサックスの調べが好いですな)



関連記事:
【最近みたDVD】「ブレードランナー」| 2013.02.06
【最近みたDVD】「ブレードランナー ディレクターズ・カット(最終版)」| 2013.02.18
【最近みたDVD】「ブレードランナー ファイナル・カット」| 2013.02.20
0
    | cinema | 2013.02.12 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top