ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
松村一男「この世界のはじまりの物語」

初版'08年、白水社「地球のカタチ」シリーズです…ってよく知りませんが、ジュブナイル・コーナーにあったので(若者に世界の拡がりを想像してもらおう)という意図なのでしょう。
といっても子供向けの文章ではなく、むしろ神話に関心がある大人が読んだ方が楽しめそうな気もします。

一神教、つまりユダヤ教から派生した宗教では創世よりも終末の物語が熱く語られる…それは誤った現世の終わりこそが正しき世界の始まりなのだ、という発想はスリリングですね。
また最初の人の体が分かれて様々な自然形態を生む「世界巨人型」や混沌の大海からもたらされた泥が陸地を生む「潜水型」は降雨量の少ない大陸内部の草原地帯に多く、男女の神々が交わって生み出される「世界両親型」は湿潤で季節の変化を伴う地域に多いとか。

世界各地にみられる、一組の男女によって世界が再生される「洪水型」はアフリカには少なく、インドから東のユーラシアでは夫婦ではなく兄妹というパターンが多いのだそうです。
メソポタミアの人工物は日干しレンガなので、人類も粘土(水+土)から作られました…それは文化的影響下にあったヘブライやギリシャに継承されますが、旧約聖書ギリシャ神話ではそれぞれ男女の片方だけになっていくのが不思議です。

メソポタミアでは低層の神々が労働を肩代わりさせるロボットとして人間を作り、それが増え過ぎて邪魔になると洪水で粘土に戻そうと考えました…ギリシャではオリンポスの神々と対立するタイタン族との間に男たちが存在しており、プロメテウスが男をタイタン側に引き込むために知恵や火を与えた事にゼウスが怒って洪水を起こしたり魅力的で邪卑な最初の女性パンドラという罪を与えたのだとされています。

農耕文化においては食料と火の起源にまつわる神話があり、それは女性の体内からか天上から盗み出されるという2パターンに大別されるそうで…反対に狩猟採集や牧畜を営みとする人々はそれらを持たず、その理由を「動物と人間を分け隔てて考えないから」としているのもユニークです。
この“動物重視の社会と植物重視の社会”という視点は、これまで読んだ他の書物にはない切り口です。


関連記事:
【最近読んだ本】ケネス・ウォーカー「箱舟の航海日誌」| 2010.09.13
【最近読んだ本】秦寛博「悪戯好きの妖精たち」| 2011.05.17
【最近読んだ本】ニール・フィリップ「ビジュアル博物館 神話」| 2011.07.16
【最近読んだマンガ】舎人親王(編)「日本書紀」| 2011.10.13
【最近読んだ本】松谷みよ子「民話の世界」| 2012.01.28
【最近読んだ本】ジーン・A・エリス「オーストラリア・アボリジニの伝説」| 2012.03.19
【最近読んだ本】ニール・スティーブンスン「スノウ・クラッシュ」| 2012.07.25
【最近読んだ本】荒俣宏(著)、大村次郷(写真)「獅子」| 2012.09.20
【最近読んだ本】『科学朝日』編「モンゴロイドの道」| 2012.11.04
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」1巻| 2013.01.14
【最近みたDVD】「ブレードランナー」| 2013.02.06
【最近読んだ本】紅山雪夫「ヨーロッパものしり紀行 《神話・キリスト教》編」| 2014.06.25
【最近読んだ本】森野たくみ、松代守弘「古代遺跡」| 2016.06.15
0
    | books | 2013.02.26 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top