ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近みた夢 | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
ERIC DOLPHY「AT THE FIVE SPOT, VOL.2」

正確にはエリック・ドルフィー(bcl,fl)とブッカー・リトル(tp)の双頭バンドだったそうで、マル・ウォルドロン(p)とリチャード・デイビス(b)にエド・ブラックウェル(ds)という構成です。
'61年、N.Y.のファイブ・スポットでのライブ録音盤です…セシル・テイラーも'56年に6週にわたって出演して、自らの追求するジャズを披露した店です。

収録曲はたった2曲と潔い本作、うち2曲目はポール・デズモンドのアルバムにも収録されていた「Like someone in love」です…9曲が収められたポールのアルバムでは4分余りでしたが、約20分と長尺かつホットなプレイにより似ても似つかぬ印象に。
元はウェストコースト派だったエリックがN.Y.に活動の拠点を移して間もなくブッカーと意気投合し、双頭クインテットの御披露目ライブとなったようです。

セシル・テイラーに劣らず、本作も非常に魅力的ですが…この後わずか数か月でブッカーが夭逝、エリックも本作から3年後に32歳の若さで亡くなりました。
エリックは1曲目でバス・クラリネットを、2曲目でフルートを吹いています…ブッカーフリー・ジャズっぽい挑発に負けず、エリックも野太く猥褻な音色で応酬しており助平です。笑
マルもレフト・アローンな渋いイメージと異なり、なかなかノリノリでワイルド。

ホット・ジャズといわれるカテゴリーに属するのかは知りませんが、僕の知る限りでは最高にホットです。
セシルに続いて醒めかけた僕のジャズ熱を掻き立てるエリック、もっと早く聴いておけばよかったな!
だけど遅まきながら楽しみが増えたので、今後は要チェックです。


関連記事:
【最近聴いたCD】クリフォード・ジョーダン「Spellbound」| 2012.12.26
【最近聴いたCD】OLIVER NELSON「THE BLUES AND THE ABSTRACT TRUTH」| 2015.06.21
0
    | music | 2013.03.02 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top