おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
eastern youth「叙景ゼロ番地」

イースタン・ユースって、思想犯が絶叫しながらヤマハSG抱えてるようなイメージしかありません…というと貶してるみたいですが、サンボマスター系で更に気骨あるバンドといった感じで悪印象でなくてね。
なんですかね、轟音絶叫系といいますか非ビジュアル系といいますか、そういう“かっこ悪いことのかっこ良さ”を感じさせるバンドって好ましいんですよね。

でも実はきっちり聴いた事なくて、単なるイメージでしかなかったなと…ちょうど図書館の新譜コーナーで本作を見て(ご縁が来たか)と、ちょっとドキドキしながら借りてきてみました。
意外だったのはボーカルが引っ込んでる事で、歌詞で引っ張っていくタイプであるにも関わらず歌よりもギターの音がデカくて埋もれないよう必死に吠えてるようなんですね…あと残念ながら、僕の苦手なヘナヘナ声シャウトだったのねー。

もう一つ惜しい気がしたのは、言葉が魅力的なんだけど切り口がフォークの視点から抜け出してない…「今も変わらぬ昔の味」的な、懐古主義を嗅ぎ取ってしまうと侘しくなる訳ですよ。
でも僕の内で勝手に上がってた期待値を割り引けば、ガガガSPぐらいキレのある歌詞ではあります。
それとサウンドは全く似てないんだけど、浮遊感と疾走感に何故かTHE SMITHSっぽさがあり…思うにスミス後の90年代UKロックかも、シューゲイザーかどうかは分かりませんけど。

ドラゴンズ・ランドで自分の歌を歌い続けろ、とマーク・トウェインが言ってたような…好きなバンドにはならなかったけれども、存在に希望を覚えるバンドてある事には変わりありません。
“太陽に暈がかかっていた/歪んで水面に浮かんでいた/記号のような言葉だけが/次々と降り積もっていった”
“道は始めは土だった/岩だった 風荒ぶ荒野だったはずさ/言葉は始めは音だった/呻きだった 泣き叫ぶ声だったはずさ”
0
    | music | 2013.03.08 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top