ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
大友克洋「童夢」

先日「AKIRA」を読んだら、どうしても読み返してみたくなり…これまた「サルタン防衛隊」と同時にAmazonのマーケットプレイスで注文してしまいましたよ、僕は「AKIRA」じゃなく本作が作者の代表作だと思うのですがねぇ?
初版'83年のアクション・コミックス、やはり懐古補正ではなかったですよ!

どうして本作は絶版のままなんだろう、むしろ「AKIRA」よりも古びていないのに…超能力合戦と思えばノストラダムス「幻魔大戦」時代の産物にしか見えないのだろうし、分かりやすい構図やストーリー展開に馴染んでいるとしたら(訳ワカンネ)なんだろうけど。
マンモス団地で続く変死、胡散臭い住民たち…DV親父に受験浪人に知能障害に精神疾患、そして痴呆独居老人とお膳立てはサスペンス・ミステリーです。
そこは高度経済成長の結節点または昭和に出現した異界であり、そして一種のマイノリティ以外は羊の群れのようでもあり。

最初は心霊ホラーかと思わせておいて、そこに越してきた少女エッちゃんを軸に物語は動き出すのです。
ただし読者は感情移入できない傍観視点の「見えざる目撃者」ですし、対立の構図だって善悪とか権力vs.青少年なんかじゃなく実は「子供の喧嘩」なんですよ…サム・ベキンパーの西部劇みたく、大義も正義も分別もない殺伐としたコミュニケーションなのです。
(心の声)的な心情描写は非常に少なく、登場人物の心裡は表情や行動から推察するしかありません。
そんな漫画なので読者は誰にも心を重ねる事が出来ず、ひたすら圧倒的な画力と謎めいた演出に引っ張られていってしまうと思います。

なんといっても凄いのは、団地の爆破でクライマックスと思わせておいてから真のクライマックスが静かに始まるという作劇の巧みさなのです…約30年ぶりに読み返してもゾクゾクしました、確か当時も漫画で初めて日本SF大賞を取ったとか。
それと本作の緻密な背景は「サルタン防衛隊」作者がアシスタント時代に独りで描いた、と最近Wikipediaで読みましたがマジすか?
0
    | comic | 2013.03.09 Saturday | comments(2) | trackbacks(0) |
    読ませてもらいました。
    たしかに古くない
    むしろまだ新しいのでは?
    なんていうことを思いました。

    実はこの作品80年代に
    読んでいました。
    あらためて読んでも
    やはり古くなんて感じないなぁ。
    | m | 2013/06/21 5:49 PM |
    お、そうでしたか!
    個人的には著者の代表作だと思いますが、一般的には「AKIRA」が人気で本作は長らく絶版状態なのが惜しまれます。
    しかしまぁ現在の表現規制では再版も難しいのでしょうけど・・・。
    映画的な画面構成や予想のつかないストーリーなど、完成された漫画だなと思います。
    | tom | 2013/06/22 8:55 PM |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top