ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近買ったもの >>
最近読んだ本
齋藤亮一「ゆるやかなとき 齋藤亮一写真集」

“'90年、ベルリンからスタートした東欧、旧ソ連邦の旅が、ようやく終わった。気がつけば、十年以上の月日が流れていた。ロシアを回った後、すぐコーカサスへ向かう予定だったが、内戦の悪化で渡航が難しい状況になってしまった。その間、キューバやバルカンを回りつつ時機を待った。そしてようやく渡航解禁。ソ連邦解体後、比較的元気なロシア共和国とは対照的に、独立した他の共和国は、例外なく厳しい状況にあった。
それでも人々は今日をたくましく生きている。
旅人はそれを見つめ、シャッターを切る。”…初版'01年、サブタイトルの「Caucasus Central Asia 1999-2000」が示すとおりのモノクロ写真集であります。

こないだの「この世界のはじまりの物語」で、プロメテウスがゼウスによって追いやられたのがコーカサスの山だったと知りました。
コーカサスは南ロシアの地方名で、カスピ海と黒海に東西を挟まれて南北をトルコとイランとロシアに挟まれた3か国…アルメニアとアゼルバイジャン、そして和声ポリフォニーが印象深かったグルジアです。

中央アジアも旧ソビエトから独立を果たした国々を回っており…ロシアと接する広大なカザフスタンとアラル海の下にあるウズベキスタン、中国の新疆ウイグル自治区に隣り合うキルギスとその下でアフガニスタンとも接するタジキスタン、カスピ海の東でイランとアフガンに接するトルクメニスタンの5か国です。

中央アジアというと以前みた写真集「名もなき日々」がアフガン付近だったと思いますが、こちらは全体的に起伏に富んだ風景や都市部が多いですね…また女性たちの服装や表情は新疆ウイグル自治区を撮った「天山南路」の雰囲気にも近い感じがします。
“出会った子供達の笑顔が忘れられない。
彼らのしあわせな未来を祈りたい。”
働く子供、遊ぶ子供…着る服に頓着してる様子もないのに、何故か皆お洒落に見える事に服飾のリアリティーを考えさせられました。

そしてまた、僕の好きなアンドレ・ケルテスの一葉「さすらいのヴァイオリニスト」が何度も思い出されました…'21年のハンガリーと'99年のコーカサスや中央アジアと、時代も地域も文化も隔たっているけれど町や集落の成長で似通った過程を経るのかもなぁ。
どの写真にも、つい時を忘れて見入ってしまいます。
齋藤亮一Caucasus Central Asia 1999-2000


関連記事:
【最近読んだ本】鬼海弘雄「アナトリア」| 2013.03.16
【最近読んだ本】齋藤亮一「ふるさとはれの日」| 2016.04.24

こちらはケルテスの「さすらいのヴァイオリニスト」

Andre Kertesz
0
    | books | 2013.03.10 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top