おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近買ったもの >>
最近みたDVD
「バニシングIN60」

偶然にも先日の「未来惑星ザルドス」と同じく'74年公開の本作、スタントマン出身監督が脚本も主演もこなすという新たなカーアクション映画のスタイルを確立した作品です…邦題は「バニシング IN TURBO」同様「バニシング・ポイント」に便乗してますが、原題は標語の“Lock your car or it maybe”から後ろを借用した「GONE IN 60 SECONDS」なんですね(オート・セフトの話なのに!笑)。
「ランナバウト」や「グランド・セフト・オート」といったゲームも、本作なくして生まれなかったかも?

47台の高級車を次々と盗み出すサスペンスフルな前半は、ラスト1台で約40分を逃げまくって93台がブッ壊れる後半のカーチェイスへの前フリです。笑
特典映像で比べると、本来の褪せた色味と傷はリマスタリングで改善されてますね…それでも先日の「オズの魔法使い」ほど劇的な効果はなかったかも、まぁ現代と比較してしまうと車体性能だけでなく「ボーン」シリーズの特典映像で明かされていたような撮影機材でも当然ながら劣る訳で。

(アメ車の映画)という点では、前に観た「デュークス・オブ・ハザード」を(テキサス×モパー・チャレンジャー×コメディ)とすれば本作は(カリフォルニア市街×'73年型マスタング・マッハ1×クライム・サスペンス)と実に対照的。
マッハ1は「マッドマックス」のV8インターセプターのベース車両と外見が似てますよね、立場は逆に追われる側で色も違うけど。

70年代ファッションは「Free & Easy」読者なら堪らない筈、更にバギー・レースにローライダーに三輪バイクなどなど当時のウェストコースト・カルチャーがふんだんに盛り込まれている点は「Lightning」読者も見逃せません。

フロントパネルにレイバン並べてるのは常に最高の視認性を確保するためでしょうか、何気にドラッグに否定的なのも時代を考えると監督のこだわりを感じます…しかし音楽に違和感があり、エンド・ロールが'00年のリニューアルで追加された映像に変更されてるのも妙というか不自然で。
どうやら権利問題で揉めてるせいで使えなかったみたいですね、いつかクリアして完全版で再登場する時を楽しみにしております。

ダットサンやマツダなどの日本企業や日系の市長ご本人が出演するのも、時代背景を考察する切り口として興味深い気がします。
それにしても僕らの世代は「午後のロードショー」に育てられてきたのだなぁ、と今更ながら東京12チャンネルの偉大さを実感。笑


関連記事:
【最近みたDVD】「バニシング IN TURBO」| 2018.02.25
0
    | cinema | 2013.03.17 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top