ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 昨日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ゲーム攻略本3冊

どれも以前から持っていて、何度となく読み返している本ばかりですが。


「ファイナルファンタジーX 最終攻略本」
以前ご紹介したように「ファイナルファンタジーX」の物語を考察しつつ、続編「X2」への展開を紹介する異色の攻略本です…既に「FFX」をクリアした読者を想定しているのでエリア・マップやボス戦などの攻略情報はなく、おさらい的にストーリーや各要素を紹介する程度にまとめてます。
その分、作中では明確に語られなかったストーリーの歴史的な補完とスピラという世界の特異な環境などを解説する内容です。

続編「X2」が単なるグラフィックの使い回しではなく、脇役を含むキャラクターたちの生い立ちや各エリアの文化的特徴など完成度の高い設定に別の角度からアプローチしたゲームである事が分かると思います。
両作をプレイして、かつ(シン打倒の数十年後に編まれた、打倒の10年前を記した文献)という体裁を取った考察本「エボンの教えとスピラの人々」と併せて読むのがオススメです。


「ジルオール インフィニット エンサイクロペディア」
「ジルオール インフィニット 公式設定集 始原口伝」
こちらの2冊は「ジルオール インフィニット」関連本ですが、どちらも攻略要素は皆無ですし考察本とも言えないんですよ…最終的には主人公が世界を破滅から救う事になる王道RPGであり、48パターンのエンディングは(あれから誰と仲良くなったか)という後日談なので「FFX」のような隠された過去や因縁の明確な描写は本編中ほとんどないと思います。

「エンサイ〜」は文字通り作中の関連用語を網羅した事典であり、元々PSソフトとして発売された「ジルオール」(無印)のリメイク作品である「インフィニット」(無限)でも採用が見送られた幻のエピソードまで数多く紹介されています。
まさに事典並みに分厚い用語解説書なので、図版が豊富な「始原口伝」と併読しておりました。笑

「始原口伝」はバイアシオン世界の創世神話からエリア情報と各キャラクター紹介までを豊富な図版でまとめていますが、内容は無印版「キャラクターズ白書」を再構成したものです。
ただし攻略情報を省いた上で新規キャラを含めた紹介ページを倍増して、攻略本と明確な差異化を図ったのは正解でしたね。

神々の時代を経て神聖王国歴12世紀を迎えたバイアシオン大陸、神々の末裔に連なる人間と不老のエルフら妖精種族などが闇の復活に踊らされ…虚無の使者や竜王など様々な思惑が絡みあい、主人公の“無限のソウル”が神なき時代を切り開く訳ではありますが。
早ければ1年未満、遅くても3年の間に目まぐるしく変化する情勢もまた「幾千万の意志(zillion of the willingness?)」なのですな。
0
    | books | 2013.03.25 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top