ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「マッドマックス」

ジョージ・ミラー製作のオーストラリア映画で、一躍メル・ギブソンの名を知らしめた低予算バイオレンス・ムービーの異色作です。

「車社会のアメリカと比べてバイク社会」と'79年当時のパンフレットに解説されてた気がするのですが、先日のニュージーランド映画「世界最速のインディアン」もバイク社会っぽくて…また「バニシングIN60」のムスタング・マッハ1が本作の主人公が駆るインターセプターに似ていたのもあり(実際は同じフォードでもファルコンをベース車両にしたらしい)、また観直してみたくなったのでした。

“今から数年後…”の文字で始まる近未来オーストラリア、インテリ首領トーカッター率いる暴走集団に逆恨みされた警官マックスの復讐劇が幕を開けます。
猛スピードで地を這う車載カメラのスリル、生々しい特殊メイクとサスペンスフルな演出も今では新鮮味こそ失いましたが迫力は充分…と感じるのは懐古補完ですかね、串田アキラの歌った日本版テーマソングが聴けないのが惜しまれます。

音声に日本語吹き替えはないけれど、英語とは別に「オーストラリア英語」が用意されている…もしかしたら現地上映時のオリジナル音声なのかもしれません、だけど“グダーイ”とは言ってないし素人耳では違いが分からず。笑
それと音楽を担当していたのがブライアン・メイだったとはなぁ!っていうか、クイーンのギタリストと同姓同名の映画音楽家がいらっしゃるのだろうか?


*以下の動画は、もしかしたら携帯では表示できないかもしれません

「Mad Max 1979 Rollin' into the Night.flv」(串田アキラといえば、この曲か「ザブングル」か・・・もしくは「富士サファリパーク」ですな!笑;Sound Only)
0
    | cinema | 2013.03.27 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top