ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
筒井康隆「出世の首」

初版'08年の角川文庫、サブタイトルに「ヴァーチャル短篇集」とあります。
裏表紙の解説いわく“作家の個体進化をたどることで、人類文明の系統進化を仮想体験する稀有の作品集”だそうで、他のアンソロジーには「トラブル短編集」や「リビドー短編集」なんてのも出てるんですなぁ。

そう言われてみれば確かにヴァーチャル、例えば大部屋俳優が戦国時代の雑兵になってしまうとかね…でも現実と虚構がテレコになっちゃった男が最後に見るのは鏡像で、虚実の連動と同時に読者と作品の関係を危うくさせる含みもあり。
日本人という意識が囲い込まれていく感覚や、得意の文壇ネタを矮小化する発想も非常にヴァーチャル。笑
っていうかね、このテーマというか仕分けジャンルの奇抜さはユニークだけど無理やりっぽくない?

まぁ読んでる側としてはヴァーチャル云々でなく個別に楽しむ訳ですが、こうした提案型アンソロジーに乗ってみるのも面白いのかもね…それでも作品の初出年度ぐらいは掲載してほしいな、ある程度は推測できるツツイストではあるけど。「廃塾令」は70年代に多かったマスコミ小説の一種なんですが、何でも国が補償して当然みたいな話が今や誇張じゃなくなってしまった事にゾッとしました。

巻末寄稿は長嶋有、この人は元々ゲーム誌ライターで割と好きな小説家なのだけど思ってた以上に頭よさそうな文章で新鮮でした。


〈筒井康隆〉関連記事:
【最近聴いたLP】「ザ・インナー・スペース・オブ・ヤスタカ・ツツイ」| 2008.05.13
【最近読んだ本】筒井康隆「エンガッツィオ司令塔」| 2009.08.15
【最近観たアニメ】「時をかける少女」| 2009.08.24
【最近読んだ本】筒井康隆「七瀬ふたたび」| 2010.03.12
【最近読んだ本】筒井康隆「近所迷惑」| 2010.05.25
【最近読んだ本】筒井康隆「ヘル」| 2010.07.27
【最近読んだ本】筒井康隆「W世界の少年」| 2011.08.12
【最近聴いたCD】タモリ「TAMORI」| 2013.04.01
【最近読んだ本】筒井康隆「ビアンカ・オーバースタディ」| 2014.01.25
【最近読んだ本】筒井康隆「旅のラゴス」| 2014.04.14
【最近読んだ本】筒井康隆「農協 月へ行く(上)」| 2016.03.08
【最近読んだ本】筒井康隆「農協 月へ行く(下)」| 2016.03.15
【最近みたアニメ】「PAPRIKA」| 2016.11.09
【最近みたDVD】「パプリカ」| 2017.01.01
【最近読んだ本】筒井康隆「最後の喫煙者 自選ドタバタ傑作集 1」| 2017.07.04
【最近読んだ本】筒井康隆「傾いた世界 自選ドタバタ傑作集 2」| 2017.07.16
0
    | books | 2013.03.28 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top