おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
「決定盤!!アフリカンドラム・ベスト」

'09年、どうやら本作は「決定盤!!」なるシリーズの一部らしいです…発売元はポニーキャニオンですが、ARCミュージックが版権を持っているようで。

なんとなくチープな体裁ですが案外イメージと遠くないアフリカンドラム・サウンド、ただし厳密には民族音楽じゃあない感じです。
一応は全18トラックともトラッド・ミュージックらしいけど、プロの演奏グループによる洗練されたアンサンブルは聴きやすい反面どこか嘘っぽいのです。
村人たちが奏でるような現地録音の音源を基準として聴くと、これは観光客が高級ホテルで楽しむような「ガイジン向け」に手直しされたサウンドなのです。

逆に言えば入門者向きでもあり、明記されてはいませんがジェンベ(ジャンベ)やトーキング・ドラムといったアフリカのメジャーな打楽器による複雑なビートを満喫できる内容でもあります…全体的には単調ですが笛やカリンバ(親指ピアノ)などメロディ楽器が反復フレーズを奏でる曲もあり、トライバル・トランスとでもいいますか生音でのアンビエント・ミュージック的な趣きもありますね。
ただし「ラリー・デ・アフリカ」や「GTC Africa」などのレースゲーBGMとも大差ない感じもして、良くも悪くも型通りな出来です。


関連記事:
【最近聴いたCD】デーモン・アルバーン&マリ・ミュージシャンズ「マリ・ミュージック」| 2007.10.25
【最近聴いたCD】ユッスー・ンドゥール「ジョコ」| 2009.07.25
【最近読んだ本】リンド・ウォード「狂人の太鼓」| 2009.09.03
【最近聴いたCD】ディー・ディー・ブリッジウォーター「レッド・アース」| 2009.11.02
【最近の驚き・発見】太鼓の皮が破れてた事| 2010.05.12
【最近聴いたCD】マイラ・アンドラーデ「ナヴェガ〜航海」| 2011.08.10
【最近聴いたCD】ZAP MAMA「同」| 2013.07.18
【最近聴いたCD】KEZIAH JONES「AFRICAN SPACE CRAFT」| 2014.01.14
0
    | music | 2013.03.29 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top