ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
タモリ「TAMORI」

'77年、制作はアルファ・アンド・アソシエイツ株式会社…プロデューサー高平哲郎サウンド・エフェクター赤塚不二夫アート・ディレクター平野甲賀フォトグラファー浅井慎平、スペシャル・サンクスには山下洋輔やら坂田明やら中村誠一やら筒井康隆やら高信太郎やらタモリを世に出したハナモゲラ人脈が総動員されたような有り様です。
アルファミュージックの音蔵シリーズとして、'95年にCD化されました。

「TAMORI2」については以前に書いたでしょうか、本作も様々な架空プログラムが目白押しです。
特に「ハナモゲラ相撲中継」や「歌舞伎中継“世情浮名花模越”」のハナモゲラっぷりや、デタラメ外国語が飛び交う「第一回テーブル・ゲーム世界選手権大会 於 青森」などは絶品!
全15トラックの後半を占める“武蔵と小次郎”シリーズでは「part2〜演歌“けねし晴れだぜ花もげら”」「part4〜アフリカ民族音楽“ソバヤ”」「part5〜中国語のハワイアン・メドレー〜終曲」が秀逸です、空前絶後の独才芸ですわ…時代が彼の毒を封印させたにしても、こうして密かに楽しむ方が却って密室芸らしいのかもしれません。


関連記事:
【最近聴いたLP】「ザ・インナー・スペース・オブ・ヤスタカ・ツツイ」| 2008.05.13


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『タモリ「演歌"けねし晴れだぜ花もげら"」』(好きだなぁ、これ!;Sound Only)


『タモリ 四カ国語マージャン』(こんなのメジャーになったら出来ませんけどね、それにネイティブ英語が氾濫する現在ではウソ英語がバレバレですし;Sound Only)


『SOBAYA-』(Sound Only)


『TAMORI ハナモゲラ相撲中継』(Sound Only)
0
    | music | 2013.04.01 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top