ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
恒川光太郎「夜市」

表題作は'05年の日本ホラー小説大賞作品だそうで、巻末に荒俣宏高橋克彦、そして何故か林真理子という選考委員による選評が掲載されています。

夜市というと、僕は台湾の夜市を連想します…読みが(よいち)だろうと思ってはいたのですが、なんとなく那須与一とか既成の語感と重なるのが厭で個人的には(やいち)と呼んでました。
亜熱帯〜熱帯に属する台湾は、日が落ちてから町の一角が簡易飲食店を中心とした縁日状態になるのです。
しかし表題作の舞台は沖縄であり、作中の夜市は現実とは異なる静かな魔境なのです…いずみは大学生で、バイト先で再会した裕司に誘われるがまま夜市へと足を踏み入れてしまいます。

そこは異界の交易所で、何かしら取り引きをしなければ元の世界に戻れないという不思議な青空市でした。
いずみの僅かな所持金では何も買えないし、裕司の有り金でさえ買えるかどうか…たまたま知り合った老齢の紳士が頼もしく見えてきますが、裕司は確固たる決意と覚悟を秘めての二人連れだったのでした。
裕司は子供の頃に入り込んでしまい、弟を売って野球の才能を買っていました…弟は存在しなかった事になり裕司は甲子園も行った、だけどたった一言で目を覚ましてしまったのでした。

言葉に出来ないとはこの事で、もし(そんな会話で何故?)と思う読者には退屈な物語だろうと思います。
語り手が移り替わり、魔法の夜が明けた時…森を抜けた岬に吹く風を、僕は感じられた気がします。
それは池上永一の描く沖縄のような眩しさや熱気ではない、大型低気圧の接近を報せる含みを孕んだ空気に感じられました。
終幕、いずみの悪寒こそが本作をホラー小説たらしめています…これから二回、彼女は夜市の気配を感じる事になる訳ですから。

併録の「風の古道」は書き下ろしで、現在も密かに残る霊道に踏み込んでしまった少年が体験する事になる恐ろしく切ない物語です。
ずっと踏み固められた土と高い木立の湿度が感じられ、場面によって排ガスの粒子が混じった埃や高台に吹き寄せる微かな海の匂いまでもが伝わってきました。
抜き差しならぬ事情で古道を行く少年、水牛車には布に包まれた友人…永久放浪者との旅は、途中で戻る事も出来たし二度と戻らない事も出来得たのですが。
まさしく“これは成長の物語ではない/何も終りはしないし、変化も、克服もしない”のです、好いなぁ。


関連記事:
【最近読んだ本】小原猛(作)、三木静(画)「不思議な子どもたち」| 2014.04.29
【最近読んだ本】恒川光太郎「竜が最後に帰る場所」| 2014.10.02
0
    | books | 2013.04.09 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top