ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
宮城篤正(監修)「すぐわかる沖縄の美術」

沖縄の工芸技法と歴史を「漆芸」「染物」「織物」「焼物」「絵画・デザイン」「建築・彫刻・民具」の6章に分けて紹介、巻末には史跡マップや工芸・美術関連施設の一覧もあって実用性に富んだ構成だ。
初版は'08年、執筆者は以下のとおり…小林純子、宮里正子、倉成多郎、平川信幸、翁長直樹、粟国恭子。

非常に勉強になる。
「来沖(沖縄に来ること)」の読みは(らいちゅう)ではなく(らいおき)で「亀甲墓」は(きっこうぼ)でなく(かめこうばか)だそうだ。
戦前の沖縄工芸全般を全国に紹介した民芸運動の柳宗悦が(そうえつ)ではなく(むねよし)だとも、僕は知らずに勘違いをしていた。
序章で「沖縄の歴史と美術」が簡潔で分かりやすくまとめられていて、日本と沖縄の時代区分をグラフィカルに対比させた図と併せてイメージの助けになる。

読谷村「やちむんの里」は初窯出しが'80年と実は新しく、各地の窯元が宅地化した周辺の新住民から締め出された経緯があった事。
民家の瓦葺きが広まったのも明治22年以降と、100年くらいしか経ってない。
グスクは漢字で「城」を当てるが実際のところ諸説あって何だか分かっていない、王府成立より古い12〜15世紀から地方豪族(按司)の拠点となっていたが内部の聖域中心に機能していたという見方もある。

琉球王府は第一尚氏から数えても薩摩藩の支配下に置かれた時代の方が長く、貝摺奉行を設けたり久米島に養蚕・真綿の製法や八丈紬の技法を伝えるなど工芸を飛躍的に発展させた事。
12世紀には大陸や東南アジアから輸入した陶磁器が普及していたため国内の工業化が進まなかった事、シーサーは13世紀頃の獅子像に始まり17世紀になって民間に広まった事など新たな知識が断片的な理解を統合し俯瞰で理解できる。

だが巻末の「大交易時代の交易ルート」では沿岸伝いにマラッカ以南まで交易しているのに、何故か最寄りの台湾が完全スルー扱いされている点で信じがたい。
宮古・八重山地方は台湾と至近であり亀甲墓など沖縄文化との共通項も多いが、台湾と沖縄の文化比較や歴史的交流を掘り下げた文献は目にした事がないな…でも本来「琉球」には台湾を含んでいた筈だ(小琉球という島もある)、もしかしたら台湾と沖縄の共通性を掘り下げる事は避けられているのか?


〈関連するかもしれない記事〉
【最近読んだ本】「AINU ART ― 風のかたりべ」| 2013.11.02
0
    | books | 2013.04.12 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top