ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだ本
ジャック・ヴァンス(著)、伊藤典夫(訳)「ノパルガース」

初版'09年のハヤカワ文庫SF、冒頭の異星と異種族の描写だけで昔懐かしいハードSFの気配を感じる…けれど本書は'66年の作品、いささか古すぎるか?
訳者あとがきによれば著者はパルプSFの作家であり、本作が実際に書かれたのはパルプ雑誌が滅びた50年代半ばと推定している。
故に冷戦という構造を用いたオチは、現代の当事国でもない読者の感覚からすると分かりにくく思える。

表題は、異星人の言葉で(ノパルの故郷)を指す。
目に見えない精神寄生体ノパルを巡る同種族間での100年戦争に終止符を打った彼らは、遂にノパルの母星に向け殲滅計画を開始した…手始めにノパルガース原住民を誘拐し、脱ノパル処置を施した上で現地の掃討任務を代行させるという手順で。
そしてアブダクトされた主人公は、戻された地球で孤立し監禁されてしまう。

異星人との期限は迫り、脱ノパル化した科学者と共に最良の策を練るのだが…恋人の“内務省の定かならぬ部署に勤めている”という設定が、まったく活かされていないのは何故なのか?
これは飽くまで推測だが、本作が発表された当時は女性への根強い偏見を回避する方便として重要味を帯びていたのだろうと思う。
つまり途方もない事態にパニックとなりヒステリックに逃避するような女性ではなく、論理的思考により感情を制御できて知的な議論が可能な女性であると読者に納得させるためだけの。

ウルトラマンを想像させる爬虫類型戦闘種族である異星人に対し、地球人が有する想像力によってアナログ世界を発見し更なる精神寄生体を見出だす辺りが本作の佳境だ…以降の宇宙活劇は現代からすれば蛇足ではあるもののパルプSFとしては(最大の見せ場)という事になるのだろう、しかしサスペンスフルな設定や思考実験のスリルは現代の読者をも引き込むに足る。
パルプSFのチープな娯楽性とハードSFへの移行期を思わせる哲学性を、ハーフ&ハーフで味わう妙作。


〈伊藤典夫(訳)〉関連記事:
【最近読んだ本】シェイムズ・ティプトリー・ジュニア(著)、浅倉久志(共訳)「愛はさだめ、さだめは死」| 2014.03.26
【最近読んだ本】トム・ゴドウィン・他「冷たい方程式」| 2014.09.20
【最近読んだ本】R.A.ラファティ(著)、浅倉久志(共訳)「昔には帰れない」| 2015.06.25
0
    | books | 2013.04.21 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top