ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 昨日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「痛みが美に変わる時 画家・松井冬子の世界」

'08年にNHKエンタープライズより発売された、新進気鋭の女流日本画家を特集した作品です。
本編59分に特典映像が25分、おそらくNHKの番組で放送された内容でしょう。

松井の名は、確か“美人すぎる云々”的な記事で知ったように思います。
それのせいか、正直「セールス」とか「プロモーション」とか「マーケティング」といった文脈でしか記憶に残ってはいませんでした…松下奈緒のピアノ・リサイタルや山本容子のテキスタイル的な、まぁ珍しくはないパターンの一種かと。
伝統的な幽霊画に現代的なグロテスクさを盛り込んだ作風や技術的な水準は高いと思うのですが、もし松井が日野日出志の作品に登場するような容姿であったら今の持ち上げ方はなかったのではないでしょうか?

しかしまぁ、そういった売り方なり売られ方に捕らわれず見てみるのも好いかなぁ…と、たまたま図書館で目に付いたので借りてみたという次第なのです。
基本的に(オトナ痛い子)という印象ですが、彼女なりに自身のトラウマ的な衝動と向き合っているのではないかと感じられたりも。
少なくとも松井の作品に惹かれる女性は、それぞれの抱える葛藤や傷との間合いを刺激されるのでしょう…よく知らないですが、音楽でいえば椎名林檎とかP.J.ハーヴェイみたいな?

松井は男性的な要素を完璧に排除するほど、作品上では最も憎悪してますね。
あと連想するのは、思春期の女性が日野や梅図かずおといった恐怖漫画に熱中するという現象です…初潮期のホルモン・バランスに関係するのか、社会との関わりとジェンダーの衝突から生じるストレスなのかも?
いずれにしても男性である僕からは想像の域を出ませんし、全部出しちゃう生々しさも興味深くはあるけれどもミニマム表現に徹した「思考螺旋」の方が作品としては粋で魅力的です。

制作風景を見ていても育ちの良さは分かりますが、いわゆる「いいとこのお嬢ちゃん坊っちゃん」にだって闇はある訳で…とはいえ従来のカウンター・カルチャーは低所得者層の特権で、恵まれた環境に出自を持つ者が内面に潜む闇を吐き出す場はありませんでした。
そんなオシャレなヤンエグ(←死語?)や、抑圧されてきた富裕層子女らの支持を集めているのかもなぁ。
まぁ個人的には社会から嫌悪され忌避されてきた様々な要素が、寛容され解放されてゆく流れとしては非常に好ましく思ってます。

個人的には低い女性の声って好きなんですが彼女の声は微妙に苦手かな、でも中川翔子っぽい話し方と声質が絶妙に合って好感。笑
0
    | cinema | 2013.04.28 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top