ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近みたDVD >>
最近読んだ本
米原万里(著)、山本皓一(写真)「マイナス50℃の世界」

本書を手にした切っ掛けは、職場の人の“冬のドイツはマイナス20℃”という話からでした…都市名は失念しましたが(そんな寒くて「ブラザーズ・グリム」の時代に人が住めたのか?)と、なんだかイメージが浮かばなかったんですね。
その話を聞いた翌日に、このタイトルを見てしまったら借りてしまう訳ですよ。
(どこだろ?)と思ったら意外にも内陸で、現ロシアのサハ共和国…'84年当時はヤクート自治共和国だった、黒竜江とモンゴルの北にありシベリア寒気団が生まれる“寒極”の高地です。

大黒屋光太夫の足跡を辿って真冬のシベリアを横断したTBS取材班に通訳として参加した著者は、10年後に作家デビューしますが当時はロシア語通訳協会の初代事務局長だったようで…そこには既にエッセイストとして売れっ子だった椎名誠も同行していて、巻末に一文を寄せております。
著者が病没した翌'07年に出版された本書は「毎日小学生新聞」での連載記事を中心に後年のエッセイも加えて再編集しているので、漢字と平仮名の案配が変で読みづらいのですが、事情を知れば合点がいきます。

北極よりも寒い土地、石油由来の物は割れたり粉々に砕けて役に立たない…この時に採用されたアシックスの新素材防寒着シリーズ「タラス・ブルバ」は、文豪ゴーゴリの「隊長ブーリバ」に由来するそうで。
長い冬季は日が極端に短い上に、地形的な無風状態と居住霧が生み出すトワイライトに覆われているそう。
永久凍土の都市は地下に敷設できない配管が地面をのたくり、周囲との交通は夏が水路で冬は氷の道…真冬ともなればチェーン要らず、寒さが緩む春先に初めてソリやスキーも楽しめる乾いたマイナス50℃の世界!

これだけ寒いと洗濯物も凍った水分を叩いて落とすそうで、顔に白い斑点が出たまま暖かい部屋に入ると細胞が壊死して鼻や耳を失くしてしまうとか…男は力仕事なので村長も先生も会計士も女性、野菜の少なさは家畜の生き血と生肉で補うという極寒の暮らしぶり。
それでも他の土地では湿気と風に耐えられずに戻ってきてしまう、コーカサスに次ぐ長寿の国だそうです。

南に接するブリヤート族から「ヤクート=最果ての更に果て」と呼ばれる彼らですが、その民族叙事詩やチュルク語系の言語などから中央アジアから移り住んできた歴史が伺えるとか…狩猟民族にしては武勇伝も罵り言葉もなく、この地に無関係なラクダや象といった動物をさす語彙も豊富な事から著者は“戦闘的な部族に追われて北上し”たのではないかと考えます。
それはまさに「モンゴロイドの道」で語られた、第一波の旅路と重なっているようで非常に興味深いです。


関連記事:
【最近みたDVD】「NHKスペシャル 日本人はるかな旅 第1集」| 2014.10.16

〈モンゴル・周辺〉関連記事:
【最近聴いたCD】ウヨンタナ「天の壁」| 2009.04.06
【最近読んだ本】ラハムスレン・ガンゾリグ「モンゴル アジアの心臓」| 2011.02.22
【最近読んだ本】椎名誠「世界どこでもずんがずんが旅」| 2012.04.06
【最近やったゲーム】「射雕英雄傳」| 2012.09.04
【最近読んだ本】金庸「射(周鳥)英雄伝【第一巻】砂漠の覇者ジンギスカーン」| 2012.10.14
【最近読んだ本】莫邦富「中国全省を読む地図」| 2010.07.09
【最近読んだ本】菅沼晃「モンゴル仏教紀行」| 2013.03.07
【最近みたDVD】「蒼き狼チンギスハーン」| 2013.11.30
【最近読んだ本】江成常夫「まぼろし国・満州」| 2014.06.19
【最近読んだ本】松村映三 plus 村上春樹「辺境・近境 写真篇」| 2014.12.30
【最近読んだ本】栗生沢猛夫「図説|ロシアの歴史」| 2015.05.10
【最近読んだ本】辻原康夫(編)「読みたくなる世界史」| 2016.08.24
【最近読んだ本】「この一冊で早わかり 日本・中国・朝鮮 東アジア三国史」| 2016.10.25
【最近行ったところ】東京国立博物館(「海の道 ジャランジャラン」展)| 2018.09.22
【最近読んだ本】清水哲朗「NewType」| 2020.01.09
0
    | books | 2013.04.27 Saturday | comments(0) | - |













    ↑ top