ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近やったゲーム | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
フィリップ・K・ディック(著)、大森望(編)「トータル・リコール――ディック短篇傑作選」

初版'12年のハヤカワ文庫SF、再び映画化される表題作の他「マイノリティ・リポート」原作も収録…編者あとがき曰く“定番の名作+知られざるお蔵出し作品という布陣”の10編。
僕にとってSFそのものといった作家なのですが、実は本書が初P.K.ディックなのでした…存在感がふくらみ過ぎて(読んでみたら違ってた)となるのが不安で、先ずは短編集からと思っていたら意外と縁がなくて読みそびれてたのです。
でもまぁ杞憂でしたね、ムラはありましたが大満足!

表題作はシュワルツネッガー主演の映画でいう火星行きまでで、寺沢武一の「コブラ」同様に話の掴みとして使われてたんですねぇ。
しかし本編は更にヒネリが加えられていて、忠実な映像化には向かないけれど短編SFとしては秀逸です。

続く「出口はどこかへの入口」は(冴えない日々から宇宙の最前線へ!)的スペースオペラ展開と思わせてのちゃぶ台返しにビックリ、それに“貧乏に毛のはえた程度の境遇を、ちょうど女の子にふられたときとおなじように、おとなしく受けいれていた。ある意味で、これが自分の限界であり、分相応のところだ。気にいらないものにがまんして従い、その態度を美徳とみなしている。(中略)いいかえれば、当局がおまえを欲しいときは、もうおまえを手に入れている。必要なのは事務手続だけなんだ”というマーク・トウェイン並みの辛辣さにもビックリ。

50年代に発表された「地球防衛軍」は冷戦ネタで、ロボットの計略に恐怖した後で人類以上の大人な対応に諧謔心をくすぐられます…“いっしょに働く人間には外交はいらない。会議室のテーブルではなく、仕事の現場で問題を解決していくからだ”という台詞は、あらゆる肥大した産業に今なお響く箴言ですよね。

これまた50年代の「世界をわが手に」はノー・フューチャーな閉塞感から流行する世界球の扱いを巡り、やや訓話めいた哲学的な会話劇が展開します。
世界球の発想にバイオスフィア・プロジェクトを連想しましたが、そこに万人の慰み物というシニカルさを加味した辺りがユニークです。
そして“行き場をなくした大量のエネルギーが体の中に溜まっている。発散できないエネルギーがね。そして、閉じこめられたエネルギーは腐ってゆく。攻撃的になる。(中略)破壊したいという本能的な欲望なんか存在しないんだよ。あるのはエネルギーだ――そしてそのエネルギーは、チャンスさえあれば、どこにでもはけ口を見出だそうとする”という指摘は、ベトナムの仏僧が説いた言葉と驚くほど一致しています…潜在する怒りの感情を建設的に開放する事、それが出来なければ現実も本編のような結末を迎える気がします。

「非(ナル)O」は古典SF「非Aの世界」がネタ元だそうで、自分の感情と思考を自在に操れる“二元的な考えかたを排した非アリストテレス哲学”の実践者たち非A人へのオマージュ作品なのだそうですが。
完全に倫理的で人間的感情を持たない非O人は“完全なる経験論者だ。倫理的な禁忌や道徳的文化的タブーに惑わされることがない。パラノイドは、ものごとをありのままに見る。実際には、彼らだけが正気なんだ”と説明され、彼らがヒトラーの著書「我が闘争」を理解している事までは面白く読めるのですけどね…そういえば「成恵の世界」ってアニメがあったけど、どんな話なのかちょっと観てみたくなりました。笑

いかにも50年代らしい「訪問者」やスティーヴン・キングを思わせるサスペンス「吊るされたよそ者」、小品ながら先日の「ウォンテッド」よりは面白い映画になりそうな「フード・メーカー」だけでなく「マイノリティ・リポート」までも50年代に発表されていたんですね…先日の「ノパルガース」頃がパルプSFの後期と思ってましたけど、チープな冒険活劇調SFと同時代に本書の主だった作品も書かれていたとは!
いやはや、多少は知った気でいた海外SF史ですが大甘でした…精進します。笑


関連記事:
【最近みたDVD】「スキャナー・ダークリー」| 2019.07.27
0
    | books | 2013.04.30 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top