ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
平沼正弘「世界のシェー!!」

ソフトカバー・サイズの写真集で初版は'10年、タイトルどおり世界各地で色んな人に「シェー!!」のポーズを決めてもらってます。
フジオプロ公認だそうで故・赤塚不二夫ご本人による「シェー!!」ポスター付き、だから何でしょうって感じではありますが。笑

YouTubeの、割と初期の頃にも世界各地でダンスしたりハグしたりといった動画シリーズが話題となりましたよね…'92年から撮り始めていた作者が二番煎じなのではありませんが、やはりインパクトは薄いかな。
でも写真集という紙媒体で手に取って眺めるのと、YouTube(=ネットの即時性+動画の情報量)というお手軽インスタレーションとはニュアンスが違う訳で。
といいますか本書は、そういった出張パフォーマンスの自撮りじゃないんです。

写っているのは被写体であって、観賞者は作者の目線を追体験するのですね。
世界のどこかではない、そこでこそ生まれたコミュニケーションが畳み込まれている…作者は「シェー!!」という形で意図せずしてメッセージ皆無の指示を出し、各個人がリクエストに反応するという流通がそこには含まれているのです。
旅という非日常的な体験には、サバイバルな過程や新鮮な環境だけでなく、赤の他人と生じる交流も大きな要素なんですよね。
そんな「旅は人」という醍醐味を、作者は「シェー!!」で引き出したのです。

解説は森達也、ですが気の利いた文章とはいえませんね…ただ気持ちは分かるのです、本書を眺めて如何に思いを馳せられるか?
0
    | books | 2013.05.09 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top