オーディオテクニカ ダイナミックヘッドホン ATH-250AV
オーディオテクニカ ダイナミックヘッドホン ATH-250AV (JUGEMレビュー »)

安くて丈夫で高性能なヘッドフォン、もし壊れても買い直す予定。
ハウジング部分が小さめな割に、長く装着してても耳が疲れないし遮音性も高いし低音も出てます。
紹介記事【2019.03.31】
南の島のティオ (文春文庫)
南の島のティオ (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
池澤 夏樹
14歳の少年ティオが小さな島の出来事を綴っていく連作短編集で、実在の少年とポナペ島をモデルに著者自身が様々な島で聞いた話を再構成したのだそう。
前年の台湾旅行で読んだ本書は「海の向こうに帰った兵士たち」という一編を加えた'10年12刷以降の増補版で、この(南の島の物語を南の島国で読む)という旅のエクストラに新たな一編がオマケされたのは嬉しい偶然でした。
紹介記事【2019.01.24】
ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム (シークレットDVD同梱)
ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム (シークレットDVD同梱) (JUGEMレビュー »)

最近は評価が好転してきたようで、実際PS2最終期に出ただけあって申し分ない出来栄え。
一見、難しそうなバトルシステムもプレイの幅を広げてくれます。
その辺も含め、ノーマル版のやり込み本ですが「ファイナルファンタジーXIIのあるきかた」も併せて是非!
紹介記事【2019.03.28】
レディ・プレイヤー1 [DVD]
レディ・プレイヤー1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

スティーヴン・スピルバーグ監督による'18年のSF作、娯楽映画には珍しく2時間超の長尺ながらダレ場なし。
是非DVDで繰り返し観てください、マニアックな小ネタ探しだけでなく。
天才変人の孤独と愛情が実は普遍的である事、それもまたイースター・エッグかと。
紹介記事【2019.02.11】
琉球奇譚 シマクサラシの夜 (竹書房文庫)
琉球奇譚 シマクサラシの夜 (竹書房文庫) (JUGEMレビュー »)
小原猛
石垣島に行くのに持ってく本でしたが、結局フライト乗り遅れもあって到着前に読み終えてました。
おどろおどろしさは控えめで、怖いというより不思議だったり哀しかったり薄気味悪かったり程度。
しかし寝静まった石垣島のゲストハウス夜11時、軽く読み返していてドキドキ。
紹介記事【2019.05.02】
夢かもしんない コミック 全5巻完結セット (ビッグコミックス)
夢かもしんない コミック 全5巻完結セット (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
星里 もちる
「光速シスター」「怪獣の家」から立て続けに読んじゃいました。
妻子持ち営業マン&思い出のアイドル、の幽霊?
本作もまた「いい人」を主役に、大人社会の悲哀と可笑し味を描きつつラストで涙腺を決壊させます。
紹介記事【2019.01.17】
ハイ・フィデリティ (新潮文庫)
ハイ・フィデリティ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
ニック ホーンビィ
女性弁護士と別れ話が進行中なアラサー中古レコード店主の、シット・コム的な恋愛×音楽in the UK。
60-70年代メインのネタで会話の可笑しみ倍増、分からなくても巻末の「ほとんど注解に終始する訳者あとがき」が丁寧にフォローしてくれますし、むしろ訳者の注解コメントで笑っちゃったりも。
紹介記事【2019.06.23】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
2030年の旅 (中公文庫)
2030年の旅 (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
恩田 陸,坂口 恭平,小路幸也,瀬名秀明,宗田理,支倉 凍砂,山内 マリコ,喜多喜久
なんか「2300年未来への旅」を連想させるタイトルですが、日本人の作家による近未来SFアンソロジーです
お題は“東京オリンピックからさらに十年後”の7編、個人的には坂口恭平による巻末エッセイの「自殺願望は脳の誤作動」にハッとしました。
紹介記事【2019.01.04】
デッドマン [DVD]
デッドマン [DVD] (JUGEMレビュー »)

別に「ブレイブ」と本作をジョニデ繋がりで観た訳ではないのですが、結果としては彼が「ブレイブ」を世に出した理由も感じ取れた気がします。
シンプル過ぎるヤマなしオチなしイミなし流浪譚ながら、詩人ブレイクを知っている方には意味深いのかも。
星野通夫の「森と氷河と鯨」で見たハイダ族やトリンギット族を思わせる、アイヌに似た文様の集落……同化政策は祖先の魂を殺すのですね、非物理的な世界で。
静寂と、雨の船出の美しさが忘れた頃に沁みてきます。
紹介記事【2019.02.23】
ブレイブ [DVD]
ブレイブ [DVD] (JUGEMレビュー »)

ジョニデが監督と共同脚本に主演と、ミーハーなファンこそ必見ですね。笑
シンプル&ヘビーな本作、イギー・ポップやノーギャラ出演のマーロン・ブランドら敬愛する人物と撮った彼の気骨が詰まってます。
特に冒頭は二度観て、彼がアメリカ本国での公開を拒んだ心に思いを馳せては?
紹介記事【2019.02.22】
夢の階段 (新潮文庫)
夢の階段 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
池波 正太郎
本書の7編はデビュー作を含む現代小説で巻末の2編だけが時代小説、しかも全編が本書初収録。
現代小説とはいっても昭和で言えば29〜36年、著者が31〜36歳の間に発表された戦後の気配が濃厚に感じられる「現代」。
いわゆる大物海外ミュージシャンの死後どっと出回る未発表音源みたいな、クオリティの心配は当然ながら無用です。
紹介記事【2019.06.15】
その男ゾルバ(特別編) [DVD]
その男ゾルバ(特別編) [DVD] (JUGEMレビュー »)

'64年の英米とギリシャ合作映画、英国育ちのスランプ詩人が屈強な男ゾルバと過ごしたクレタ島での日々が描かれます。
「無法松の一生」の三船敏郎を思わせるゾルバの心情も、目を疑うような島の人々も音声解説なしでは理解し難いかと。
対照的な二人の男のエンディングは、ジワリと胸に残ります。
紹介記事【2019.01.30】
【2019.01.31】
波乗りの島―ブルー・パシフィック・ストーリーズ (1980年) (角川文庫)
波乗りの島―ブルー・パシフィック・ストーリーズ (1980年) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
片岡 義男
僕が初めて手にした著者の小説であり、著者の初期短編集でもあります。
ハワイイに住む青年サーファー、バリー・カネシロを主人公にした連作5編を収録。
写真の佐藤秀明との巻末対談も含め、失われゆく最後の輝きを僕は感じました。
紹介記事【2019.04.24】
 (JUGEMレビュー »)

作者の他作品を読んだ記憶は曖昧ながら、その時に思った(あんま上手くないな)という印象は何だったのやら。
サイバラ風でも四コマでもなく、ストーリーの組み立てもシッカリしてるしコマの流れも自然だし。
洒落にならない裏話も飄々としたキャラに救われます、男性も一度は読んでみましょう。
紹介記事【2019.05.12】
サムウェア・ディープ・イン・ザ・ナイト
サムウェア・ディープ・イン・ザ・ナイト (JUGEMレビュー »)
スウィング・アウト・シスター
ヒット曲を連発してた90年代を過ぎ、'01年にリリースされた本作は妥当というか順当な仕上がり。
ブレずに焦りも無理もなく、エレポップの衣を脱いで一層60年代ソウルやバカラック温故知新をアダルトに昇華。
気に入った曲だけ摘まむんじゃなく、一枚として聴くべき。
紹介記事【2019.06.18】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
クルドの星 1~最新巻(文庫版)(中公文庫) [マーケットプレイス コミックセット]
クルドの星 1~最新巻(文庫版)(中公文庫) [マーケットプレイス コミックセット] (JUGEMレビュー »)
安彦 良和
「機動戦士ガンダム」のキャラでお馴染みの作画家による漫画ですが、中東の少数派クルド人を描いてるレアさでオススメに。
もっとも「これからだ!」オチは、日和った編集の強制打ち切りか?
トルコの“土くさい人々”に惹かれた結果が何故かクルド視点、でも本作同様に何一つ解決してないんだよね現実も。
紹介記事【2019.05.06】【2019.05.30】
ルーティーン: 篠田節子SF短篇ベスト (ハヤカワ文庫JA)
ルーティーン: 篠田節子SF短篇ベスト (ハヤカワ文庫JA) (JUGEMレビュー »)
篠田 節子
副題に「篠田節子SF短編ベスト」とあるけど、どんな類いのSFなのかがまったく伺えない、鯨幕というか昔のVIVA YOUみたいな表紙カバーが斬新。
巻末解説によると、著者は20余年のキャリアを持ち一般にはジャンル横断作家と認識されているそうで。
アニメ化されそうなハードSFから昭和ジェンダー恨み節、エスノ土着オカルトを経て超高齢化+正論社会の果てまで心刺しまくり。
紹介記事【2019.03.26】
 (JUGEMレビュー »)

本作は明治から昭和にかけて親しまれた、泉鏡花の“三大戯曲”をコミカライズした作品集です。
単行本化に際して描き下ろされたオマケ漫画+原作者の略歴や作品解説&文庫描き下ろしオマケ漫画と人形師による解説も収録と、これまで鏡花文学に触れて来なかった僕には有難い仕様。
人形師の一文が印象深く、100年近く前の物語にハッとさせられるのは人間に進歩などないからかも?
紹介記事【2019.04.13】
ざ・ちぇんじ 全2巻 完結セット(白泉社文庫)
ざ・ちぇんじ 全2巻 完結セット(白泉社文庫) (JUGEMレビュー »)
山内 直実,氷室 冴子
平安期の古典文学「とりかえばや物語」に基づく氷室冴子の小説をコミカライズした本作、氷室冴子も古典文学も完全スルーでしたが予想外の面白さにビックリ!
男勝りな双子の姉×病弱が故に女君として育った弟、姉は男装のまま御所に入内&弟も女官で後宮入り?
見事な風呂敷の畳みっぷりと、千年前のラブコメでLGBTを先取りのエキゾチック・ジャパンは未見なら是非!
紹介記事【2019.04.30】【2019.05.29】
ヒート [DVD]
ヒート [DVD] (JUGEMレビュー »)

ロバート・デニーロvs.アル・パチーノ、この豪華共演が「午後のロードショー」で掛かるとは!
マイケル・マン監督が脚本も手掛けており、適度に緩急を付けながら3時間近く視線を釘付けにします。
まぁ「似た者同士で対照的な立場」という月並みな設定ではありますが、改めて映画は筋書きだけでは分からないなと。
紹介記事【2019.05.28】
フロントミッション サード
フロントミッション サード (JUGEMレビュー »)

遂に全ルート攻略完了、しかし未だ引継ぎ要素は完クリ出来ずボリューム満点!笑
シミュレーションRPGって得意ではないけど、PS2の後継作「FM4」と本作は別格です。
紹介記事【2019.05.26】
PURPLE RAIN (DELUXE) [2CD] (2015 PAISLEY PARK REMASTER, PREVIOUSLY UNRELEASED TRACKS)
PURPLE RAIN (DELUXE) [2CD] (2015 PAISLEY PARK REMASTER, PREVIOUSLY UNRELEASED TRACKS) (JUGEMレビュー »)
PRINCE & THE REVOLUTION
'84年の大出世作&未発表曲集のダブル・リマスタリング作。
同世代では(プリンス=キモい)でしたが、自ら「King of Pop」を名乗った生前のMJより全てが革新的でした。
ソウル/ファンクを抑えたロック・ハードな「パープル〜」と、前作に近いエレ・ファンク中心の未発表曲集なので万人受けしないのは当然だけど本物の「Prince of Pop」は明白よ?笑
紹介記事【2019.05.09】(Disc 1)
紹介記事【2019.05.17】(Disc 2)
ルパン三世 ルパン vs 複製人間 [DVD]
ルパン三世 ルパン vs 複製人間 [DVD] (JUGEMレビュー »)

観たのはTV放映でした、でもどこカットしたかも分かるので。
もはや脱ルパンした立場で多くは語りませんが、アニメ版ルパンの最高傑作です。
本作後の脳マモーが「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」のエゴになる件とかは誰か考察してください、ただ政治ナンセンス的なあのオチは「ルパン三世」が生まれた60年代末の土壌を意識していたのではないかと。
観る度毎に、頭でっかちに神を夢みたマモーの涙が沁みてきます。
紹介記事【2019.06.03】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
君塚太(編著)「原宿セントラルアパートを歩く」

副題「1962-86 あの場所にいたクリエイターを訪ねて」、浅井慎平が書いた半回想録風の小説「セントラルアパート物語」を連想しましたが本書は初版'04年のインタビュー集です。
著者の名前に見覚えある気がしてmotebookサイト内検索かけたらアーティスト写真の本を編集した人なのね…て事は鋤田正義つながりって訳ですかね、彼も住人だった事は件の小説で知ってはいましたが。

その建物があったのは、JR原宿駅の斜向かいだと勘違いしてましたがラフォーレの斜向かいで現在GAPが入っている八角館の向かいに建ってたのだそうで。
“現在の住所でいえば、東京都渋谷区神宮前4丁目の30、表参道と明治通りの交差点の一角に、セントラルアパートが完成したのは1958年。もともとは外国人向けの「高級賃貸マンション」として作られた建物だったという。地上7階、地下1階の各フロアがセントラル方式(空調・給湯、交換室による電話の集中管理)であったことがその名の由来で、ドアは鉄製と木製の二重。屋上には洗濯室があり、吹き抜けになった建物の中庭には、入居者達が雇用しているメイド用の住宅まで用意されていた”との事です。

終戦から'63年まであったワシントンハイツや翌年の東京オリンピック選手村に開放された現・代々木公園、その周辺の異国的な佇まいを漂わせる町…そんな時代の原宿という、独特な空気に惹かれた様々な業種の若手クリエイターが銀座という中心地から移り住むようになったようです。
本書では入居順に6名のクリエイターを取り上げ、その中には当然ながら本書の契機ともいえる小説を書いた浅井も含まれています…他の5名は写真家の繰上和美と鋤田にイラストレーターの宇野亜喜良、編集者の矢崎泰久(「話の特集」)とオキ・シロー(「NOW」)。

寺山修司、和田誠横尾忠則、九里洋二、糸井重里、勅使河原宏、そしてタモリ赤塚不二夫と高平哲郎…巻末の人名インデックスには、他にも各方面の怱々たる時代の寵児たちが名を連ねております。


関連あるかもしれない記事:
【最近行ったところ】千葉市美術館「1968年 激動の時代の芸術」展| 2018.11.10


以下、個人的メモ。
繰上“吹き抜けになっていたから、ドアを開けると向こう側のフロアも見えて、必ず誰かがいる。「おお、愼平さん、いるな」みたいな。夏なんかみんな開けっぱなしで仕事していましたし、本当に長屋みたいでしたね(中略)別に集まってワイワイやっていたわけじゃなかったですが、誰が最近いい顔をしているとか、あいつはカッコ良くなったとか、伝わってくるじゃないですか。そういう空気でお互いにセッションしていたんでしょうね”

“「セントラルアパートの時代」と現在の違い。鋤田さんが関わった音楽業界についていうなら、「写真家が撮りたいと思ったミュージシャンを撮る」ことができた幸福な状況は、今はもうないということだ(中略)「勝手に」押しかけることや、ミュージシャンとの個人的なつながりて、撮影の機会が訪れることは、ほとんどあり得ない。業界のシステムは、真の意味でのドキュメンタリー撮影を寄せつけないところまで「成熟」してしまったのである”

鋤田“ミュージシャン個人に会って、直接話し合って、ヴィジュアルやレコード・ジャケットの方向性を決めていた気がするんです。それがCDになった頃から、産業っぽい感じになってきました。昔は洋楽が強くて、邦楽は苦しんでいたのに、売り上げもすごく伸びたでしょう。そうなってくるとヴィジュアルも会議で決めるようになってくる。会議をしてものを決めるというやり方は、僕らは若い時から広告の業界でイヤというほどやっていますからね。関わる人が増えれば増えるほど、面白いことができなくなるんです(中略)T. REXが来日した時、東芝のスタジオで急遽レコーディングをしたんですよ。その場面も僕は撮っているし、石坂さんもそこにいました。「ああ、人間が大きい人だなあ」と思ったのは、僕なんかを平気で泳がせておくんですよね。僕は彼から仕事として頼まれて撮っているわけではないんですよ。その分、ミュージシャンとのコミュニケーションが直接取れるんです。仕上がった写真の使い方も自由ですし、石坂さんはそれをニコニコしながら見ているんです”

宇野“日宣美は学生運動によってつぶされたようなものですよ、学生が作ったビラを読んだことがあるんですが、要するに日宣美という巨大な構造、虚構に安住しているのはけしからん、そういう団体があるのはおかしいといった主張でしたね(中略)その時に地方の会員の人が「日宣美がつぶれたら、我々の生活はどうしてくれるんだ」というようなことをいっていて、これは学生の主張も一理あるなと思いました。名刺に「日宣美会員」と書いてあると、高いギャランティーをもらえて、たとえどうしようもなく堕落している人でも生活していけるのだとすれば、まさにそこに虚構性があるわけですから”

“実は矢崎さんは、1977年9月号の編集後記として、以下のような一文を寄せている。「この二、三年の間に、原宿には、新しいビルが沢山できて、ほとんどといってよいくらい、豪華な商品を売る店だったり、高級レストランばかり。(中略)で、ふと、不安になるのは、こうした変化が、ごく自然に受け止められているように思えることで、やっぱりどこかこいつは違うよといいたくても、はっきりした根拠はないわけです。(中略)金儲けとなると、なりふりかまわず群がって、あらゆるものを、資本の論理で押し切ってしまう、ある種の暴力的な気配さえ感じます」”

オキ“情けない話ですが、外国の作家は版権が高いじゃないですか。それで版権が切れていて内容がいい作品を掲載したんです。それは『新青年』(1920年創刊)の水谷準さんがやっていた手法なんですよね”

オキ“青春という言葉を使わないで若さを出そう。粋だとかお洒落とはいわずに粋なことをしよう。男がどうしたとは掲げずに男っぽい感じを出そうということです。それは確か『ニューヨーカー』(1925年創刊)の方針でもあるんです。押しつけがましくならないのが『ニューヨーカー』のスタイル。執筆者の名前ですら「アーウィン・ショウ」とか「リリアン・モス」とか、原稿の最後にさりげなく書いてあるぐらいですから”

浅井“誌面に登場する作家と編集部がどこかで共犯だったということですね。お互いに暗黙の了解みたいなものがあって、疑心暗鬼になることがなかった。編集部は「こいつに頼めばこういうものができるだろう」と。こちら側も「この作品を渡しておけば誌面はこういう仕上がりになるだろう」と。そういう信頼関係があったんです。ほとんど議論をしないで済むというか。だから編集部の気持ちに応えようとする作家や写真家が生き残っていったんです(中略)こんなことができたのは、70年代までですよね。80年代に入ってしまうと、しばらくは良かったのかもしれないですけど、どんどん変わってきて色々な条件がついてくるようになってしまった”

浅井“このレコードの企画は、レゲエがまだ日本で知られていない頃に、僕がレゲエを紹介したことから始まったんです(中略)波のレコードなんていったら面白くもなんともないから『波〜サーフ・ブレイク・フロム・ジャマイカ』というタイトルをつけて。自分の写真でレコード・ジャケットをちゃんとしたもので作って。僕がプロデューサー、ディレクターという形でソニーから出したんです。あれ、ゴールデンディスク賞をもらったぐらいにヒットしたんですが、単なる波のレコードなんですよ(笑)。結果的には、自然の音を活かしたレコードというジャンルが生まれることにつながったんですが”

浅井“あいつに声をかけると形になるかもしれないと思ってもらって、こちらは「だったらこういうやり方がある」とアイディアを出して。自分がやりたいと思うことがあったら、まず身内で「それ面白いね」といってくれる人がいて、結果的にそれが世間に広がっていくというのが理想なんです”
0
    | books | 2013.05.18 Saturday | comments(0) | - |













    ↑ top