ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
パウロ・コエーリョ(著)、武田千香(訳)「ポルトベーロの魔女」

角川文庫の初版は'11年だが、単行本は'08年に出版されていたらしい。
結論から言うと、これまでに読んだ著者の物語の中では最も難解に思えた。
常に明確だったテーマが、本作では見えてこない。
そして僕が私的に受け止められるメッセージ性が、本作では非常に希薄なのだ。
単にキリストや他の救世主の生き方を、現代的に描き直したのだろうか?

作品としては、凝ってはいるが説得力のある構成で引き込まれたし、最後に意外な種明かしも用意されている…だが著者の綴ってきた物語に特有の妙味が、何故かまるで得られなかった。
確かに今までも女性を主人公とした作品は、男性である僕にとって物足りなさを感じる部分がない訳ではなかったけれども。
それにしても本作ほど良くも悪くも普通に読めてしまった物語は、かつて一作もなかったのだ。
という事は、僕にとって本書は過去に読んできた著作以上に読み返す機会が多く必要な物語なのだろう。
まだ僕は、何も分かっていないのかもしれない。


〈パウロ・コエーリョ〉関連記事:
【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「ピエドラ川のほとりで私は泣いた」| 2007.12.10
【最近読んだ本】旦敬介(訳)「悪魔とプリン嬢」| 2008.09.27
【最近読んだ本】旦敬介(訳)「11分間」| 2008.12.04
【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「第五の山」| 2009.05.09
【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「星の巡礼」| 2010.06.29
【最近読んだ本】木下眞穂(訳)「ブリーダ」| 2010.07.24
【最近読んだ本】江口研一(訳)「ベロニカは死ぬことにした」| 2011.01.28
【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「ピエドラ川のほとりで私は泣いた」(再読)| 2012.08.27
【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「アルケミスト 夢を旅した少年」| 2012.08.30

【最近読んだ本】旦敬介(訳)「ザーヒル」| 2015.09.26
【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「アルケミスト 夢を旅した少年」(再読)| 2019.07.23


以下、個人的メモ。
“激しく愛した相手を失うという悲劇に遭ったとき、もし何か慰めがあるとすれば、それは期待でしょう。あれでよかったのだと思える期待、それが常に必要なのだと思います”

“もしその溢れんばかりのエネルギーを抑制していたら、もっと高くついたはず。悶々とフラストレーションをため、常に“他人がどう考えるか”ばかりを気にし、“まずはこの問題を片付けなきゃ、夢を追いかけるのはその後”となって、常に“いつまで経っても理想的な状態が来ない”と文句を言い続けたと思う”

“教師と授業を一緒にしてはだめ。伝統は、人生の力と出合うことには関係あるけれど、それを伝える人間とは関係がない”

“私たち女性は、人生の意味を探すとき、あるいは叡智の道を求めるとき、必ず自分を古典的な四つのタイプに当てはめようとする。
 まずは乙女(ここで言う乙女に性的な意味合いはない)、これは完全な自立を通して人生の模索を行うタイプ。この場合、学び取るものはすべて、その人が一人で果敢に立ち向かった成果。
 次は殉教者、このタイプは己を知る方法を苦しみや献身や苦悩の中に見出すタイプ。
 そして聖女、限りない愛情や、無償で与えることができる能力に、自分の人生の本当の意味を見出すタイプ。
 最後に魔女。このタイプは完全で無限の快楽を追い求め――それによって自己の存在を正当化する”

“みんな忘れているけど、古代ギリシア以来、戦争から死んで戻る場合、人は自分の楯の上に載せられ、負傷して戻る場合は強くなって戻ってくる”

“自分より弱い相手を攻撃することは、本当は自分も守ってもらう必要があることをほのめかすことになる”

“「すべてに動きがある。しかもどれにもリズムがある。そして、リズムある動きは必ず音を出す。それこそが今ここで起こっていること。そして、この瞬間にこの世界のどこにおいても起こっていること(中略)最初の人類はきっとこれを発見したとき目を見張ったはずだ。でも、すぐ次の瞬間、それは信仰に変わった。つまり、それこそが至上の存在と彼らが交信する手段であることに気づいたんだ」”

“「法悦はたしかに自分から抜け出すことかもしれない、だけどダンスは空間を昇る方法でもある。新しい次元を獲得しながらも、自分の肉体とは交信し続ける。ダンスをすると、精神界と現実界が衝突せずに共存できる」”

“音楽は間があるから成り立つ。語句が成り立つのは空白があるから”

“「何かがあなたの無意識に触れたのね。おそらくは自分の姿を見たんだと思う、もしもらわれていなかったら、今はこうやって道で物乞いをしていたのだろうって。その瞬間、あなたの脳は反応するのをやめた。あなたの精神は飛び出して、地獄まで行き、あなたの過去の悪魔たちと会った。だからあなたは通りの向こうに女性がいるのに気がつかなかったのよ――トランス状態だったから。乱れたトランス、カオス、そのせいであなたは、もう少しで理屈では善でも実際には無益なことをするところだった。それはまるで……」
「文字と文字の間の空白に立つようなもの。音楽のひとつの音符が鳴り終わって、次の音符が始まる直前までの間」
「そのとおり。でも、そうやって引き起こされたトランスは危険を秘めている」(中略)「それは恐怖によって引き起こされるトランス。人を麻痺させ、反応できなくさせる、肉体は何の対応もできず、魂はもうそこにはない。あなたは、もし運命が両親を自分の行く手に立たせていなかったら起こっていたかもしれないことを考えて怖ろしくなった」”

“「明かりなんて心もとないもの、風が拭けば消え、稲妻とともにつく、太陽のようにいつも輝いていることはない――だが、それを求めて闘う意味はある」”

“「今の時代のあたしらはみんなどこかに縛られている、家、町、仕事、そして、今でもあなたの血にはキャラバン時代や旅や、あたしらが生き残れるようにと太母が行く手に用意してくれた教えが残っている。だから、学びなさい、でも、常にあなたのそばにいる人と一緒に学びなさい。一人になってはだめ。そんなことをしたら、万が一間違った一歩を踏み出したときに、それを修正するのに力を貸してくれる人がだれもいなくなってしまう」”

“すべてがあまりに単純である一方で、同時にあまりに複雑! 単純と言ったのは、心構えを変えればいいだけだから、もう幸せなんて求めない。これからは自立し、自分の目で人生をみつめよう、他人の目では見まい。生きているという冒険を求めることにする。
 複雑だと言ったのは、これまで幸せこそが唯一求め甲斐のある目的だと教えられてきただけに、どうしてそれを求めないでいられるかと思うから。なぜあえて他人が冒険しようとしない道を行くことで冒険をするのか?
 要するに、幸せとは何なのか?
 愛だ、と人は言う。だけど、愛は幸せをもたらさないし、もたらしたためしがない。それどころかもたらすのは常に苦悩や戦場、幾夜もの眠れない夜、だから自問するのだ、私たちは正しく行動しているのかと。真の愛とは法悦と苦悩から成るもの(中略)私がグループを相手に私たちの人生にとっての最重要課題のひとつを使って挑発しようとすると、だれもが“私は幸せだ”と言う。
 私は続ける。「でも、もっとそうなりたいでしょう? もっと成長したいでしょう?」全員が答える。「もちろんです」
 なおも畳み掛ける。「じゃあ、幸せじゃないということ?」全員が話題を変える(中略)「私たちの周囲のすべてが普遍的欲望です。幸せではありません、欲望です。欲望はいつだって不完全です――満たされたら、もう欲望じゃない、そうですね?」”

“「挑発されたときに人は初めて必要なことを学ぶ」”

“「我々は二十五%を師から学び、二十五%を自らに耳を傾けて学び、さらに二十五%を友人から学び、残りの二十五%を時間から学ぶ」”

“「愛は欲望の対象にはなり得ません――というのもそれ自体が目標だからです。裏切りはあり得ません、なぜなら所有とは関係がないからです。束縛されることもありません、なぜならそれは川のように堤防を越えて溢れ出るからです。愛を閉じ込めようとする人は、それを育む源泉を断ち切らねばならず、そうしたら集められた水も淀んで腐ってしまいます」(中略)「運命というのは、すでに終わった宇宙に住み続けようとする人間には容赦ありません。新しい世界は太母のもの、天と水を分けるために愛を連れてやってきた母神のものです。失敗したと思い込む人は、ずっと失敗し続けるでしょう。人と違う行動をしてはいけないと決め込んだ人は、ルーティンに潰されるでしょう。変化を妨害しようと心に決めた人は、粉砕されるでしょう。自分も踊らず、他人が踊るのも妨げる人に呪いあれ!」”

“強いものの力を解き放つためには、まずは弱いものに表出の可能性が与えられなくてはならない。
 自分たちに備わる力と、すでに明かされた奥義を理解できるようになるためには、まずは表面部分――期待、恐怖、見かけ――の燃焼が必要なのだ”

“「なぜ四十歳になっても、若いときと同じ体形を維持しなければならないのでしょう? これだけの長い時間を止めることなんてできるでしょうか?(中略)どうやったらもっといい人生が生きられるかを考えず、体重ばかりにこだわりすぎています(中略)本はいくら読んでもいい、運動も好きなだけやればいい、自分の決めた罰を受ければいい。(中略)食べるときは節度を以て、だけど楽しんで食べてください。悪いのは人間の口に入るものじゃない、出るもののほうです」”

“「それを奪われそうになって初めて私は自分自身と出会った、そして、結局は何も手に入れることも失うこともないことを理解した(中略)愛は習慣でも約束でも負債でもない、ロマンチックな音楽が教えてくれるようなものでもない――愛とはそうあること(中略)定義はない。愛しなさい。あまり問わずに。ただ愛しなさい」”
0
    | books | 2013.05.21 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top