おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたアニメ
「伝説巨神イデオン」VOL.10

ガンダムで有名な富野喜幸(現・由悠季)が総監督を務め、後に“皆殺しのトミノ”と呼ばれる契機となったTVアニメのシリーズ最終巻です。
最終回まで観た記憶はあるのですが、あのエンディングに至る経緯が気になりレンタルしてしまいました。
ちなみに同監督の「聖戦士ダンバイン」も最終巻を借りてきたのですが、そちらはPS2が再生してくれず…むしろダンバインの方こそ、後半を見逃してたので終わりが気になったのですが仕方ありませんな!笑

超古代文明の遺産を巡って異星人との遭遇から争奪戦へ、人の意思に反応して強大な力を奮うイデの発現…ハードSF的な設定で展開するサスペンスという、個性的なアニメ作品でした。
メカとしてのイデオンは旧態依然とした合体ロボへ逆戻りした感じで好きになれませんでしたが、いわゆる敵メカのユニークな造形は好きでアオシマのプラモを作っていたものです。

さて、発掘当初は一種(儲け物)的な空気もあった訳ですが…イデ自体の意志が発現する神がかった威力に恐怖すら感じるようになり、とはいえ放棄する事も出来ずに当てどない難民と化した“SPACE RUNAWAY”の悲哀が描かれます。
「イデのおかげで戦い続け、挙げ句の果てにみんな滅びたりしてみろ?俺たちは間尺に合わんよ!」とはまた皮肉な台詞ですなぁ。

おそらくイデの巨人文明は、地球とバッフクラン双方の源流だったのでしょう…しかしエスカレートする争いが、イデに破滅的な覚醒を促してしまうのでした。
まぁ人間の真理というか一面を突いてますよね、今にしてみれば人類が生来の醜さや狭量さ故に死に絶えるというオチは意外に爽快ですらありますが…当時のアニメとしてはシニカル過ぎましたね、しかし異星人間に宿った幼子の誕生と父娘の再会がイデの与えた最後のチャンスだったとは!

主人公らの四面楚歌っぷりと袋小路な結末は、最初から救いのない話だった気がしますなぁ…まぁ打ち切り決定で無理矢理オチ着けた感もありますが、どちらにしても文字通りの「機械仕掛けの神」だった訳ね。笑


*以下の動画は、携帯からでは閲覧できないかもしれません。

『コスモスに君と』(ED曲です、戸田恵子って声優以前はアイドルだったのね)


『Space Runaway Ideon Opening in MS Paint』(ウィンドウズの描画ソフトは分かりますが、マジなのか笑かしたいのか・・・ディテールの細かな再現力は、やっぱマジなのか?笑)
0
    | animation | 2013.05.16 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top