おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ロクスベリー・ナイト・フィーバー」

原題「A Night at the ROXBURY」、前に観た時は知らなかったんですけど「サタデーナイト・ライブ」絡みだったんですね…クリス・カッタンウィル・フェレルの低脳兄弟が、ガールハントに明け暮れつつ憧れのクラブ「ロクスベリー」に出入りする夢を叶えるサクセス風コメディです。笑
無闇に自信過剰な“ケツの穴まで小さい”兄貴と自分ってモンがない“図体だけデカい”弟、まるでドリフの平成バカ兄弟そのもの!

ガールハントに明け暮れる二人の、背毛処理とかTバック海パンとかいった下衆いネタが個人的にツボで…そして何より僕の好きな映画「アンダー・ザ・チェリー・ムーン」プリンスみたいに気障な兄貴が、漫画「パワーフール」系バイタリティーを感じさせてくれて妙に魅力的なのです。
まぁ一般的にはキモいだけで笑えないかもしれませんけども、いや僕だって好きな訳じゃないのだけどね。

そんな強烈な兄貴と彼に振り回されながらも慕う弟、本当は女をナンパしたいんじゃなくて二人でナンパしてるのが楽しいんだよね…それにしても整形母親やナンパ女がキャメロン・ディアス似なのは冗談なのか、それともマジでアメリカ人の感覚じゃあの顔が美形って事なのか不思議だわ!笑


関連記事:
【最近みたDVD】「サタデー・ナイト・フィーバー」| 2013.06.20
【最近みたDVD】「A NIGHT AT THE ROXBURY」(再視聴)| 2015.01.01
0
    | cinema | 2013.06.06 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top