ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近買ったもの >>
最近読んだ本
ジェームズ・レッドフィールド(著)、山川紘矢+山川亜希子(訳)「聖なる予言」

再々読。

敢えて今この本を読み直した理由は、この物語をご存知の方なら容易に推測できるだろう…新しいローマ法皇が、史上初めて南米の教区から選出されたからだ。
本書の舞台はペルーでありアルゼンチンではないが、後半では主人公が追い求める古文書にカトリック内部の対立が関わってくる。
第九の予言を隠蔽したい神父たちと公表したい神父たちの決着は、主人公が国外退去処分を受けて描かれないまま終わるのだけど。

本書はフィクションと明示されてはいないが、純然たるドキュメントと受け止める読者はいないだろう。
僕もまた南米から現れた法皇のニュースと、先日の「ポルトベーロの魔女」で(人類の二極化)という言葉を再び目にするまで本書の事はすっかり忘れていた。
新法皇は聖なる予言の推進者なのか、弾圧者なのか…そんな現実とファンタジーとの遊戯として、飽くまでも私的な楽しみ方を思い付いて実行したに過ぎない。

つまり今回はスピリチュアルな冒険小説としてでも、9つの(予言)に対する自分の理解力を意識するためでもなく…これらの到達度合いを、人類全体の概観として確認したかったのだ。
正直なところ前世紀中には達成される筈だった(臨界)のレベルに達したようには思えないし、本書が発表された時期に盛り上がった認識も再び後退してしまったように感じられはする。
まぁ前世紀中というのは最善の可能性だろうし、そもそも本書が予言書だった訳ではないのだけれど。

僕自身、メキシコでの皆既月蝕から氣の働きが反転してしまった事をネガティブにしか捉えられないでいる…あの頃は確かに“偶然の一致”が連鎖的に感じられて本書の(予言)も現実味を帯びていたのだが、いつの間にか兆しへの鋭敏さを失ってしまった事に気付く。

ところで“あなたがコントロールドラマをやめると、習慣的に頭の中で組み立てていた言葉は、止んでしまいます。内なるエネルギーに充たされると、あなたのより高い部分から、今までとは違う種類の考えが、心に流れ込み(中略)それはあなたを指示し、導くためにやって来る”とあるのは「アルケミスト」に書かれていたのと同じ事だろうか?


関連記事:【最近読んだ本】「第十の予言 ポケット・ガイド」| 2008.06.24
     【最近読んだ本】「人生を変える力」(第十一の予言)| 2009.01.31
     【最近読んだ本】「第十の予言」| 2010.02.18
     【最近読んだ本】「聖なる予言」| 2011.04.01
     【最近読んだ本】「第十の予言」| 2011.04.22
     【最近読んだ本】「第十の予言」| 2013.10.12
     【最近読んだ本】「第十一の予言」| 2014.01.04
     【最近読んだ本】「第十二の予言 決意のとき」| 2014.01.13


以下は個人的メモ。
人物一覧(登場順)

シャーリーン…写本の存在を教えた古い友人、互いに恋愛感情を抱いた過去も

ウェイン・ドブソン…ニューヨーク大の歴史の助教授で第二の予言を理解している、サンルイへ立ち寄ろうとしてフィルと足止めされている時に主人公と再会し天の遺跡で拘束される

ウィルソン・ジェームス…通称ウィル、主人公を写本探求に誘うキー・パーソンで一番最初に写本を集めて学んだグループの一人

ホセ…ウィルの友人で最初に写本を発見し翻訳して広めた僧侶、シャーリーンとドブソンに写本を伝えた後、故人となった

サラ・ローナー…サティポ近くのビシエンテロッジで出会った、メイン州の物理教授で第三の予言を理解している、フィルに好意を寄せている様子

マージョリー…ビシエンテで出会った生物学者、後に再会しロマンス展開になるも先に帰国

ウィリアム・ヘインズ…ビシエンテで出会ったワシントン州の大学教授、第三の予言と栄養価の関係を研究している

フィル・ストーン…ビシエンテで出会った南カリフォルニア大学の環境学者で主人公にエネルギーの場を見るコツを教える、後に主人公と再会するも政府当局に身柄を拘束された時に第九の予言の一部を入手、更にサンルイ近郊で再会した後ドブソンと天の遺跡へ

クリス・ルノー…ブラジルで心理学を教えるフランス人、かつて第八の予言を学んでいる時にカーラの理解を手助けした

ロバート・ジャンセン…クラ近郊で会ったペルー政府の御用学者、尋問者のドラマで人心を掌握する

サンチェス神父…かつてセバスチャン卿の愛弟子だった、後に主人公と再会してイキトスの伝道所でセバスチャン卿の説得を試みた後、主人公と天の遺跡へ

ジョン神父…伝道本部で、主人公に植物を通じたエネルギー交流を伝授した

ジュリア…50歳ぐらいのペルー人女性でウィルと同様に写本を集めて学んだ初期のメンバー、ヒントンの家で再会した後はウィルと合流し第九の予言を入手する

ローランド…ジュリアと行動を共にしていた30歳ぐらいのペルー人男性、ブラジル経由でマージョリーを出国させる

カール神父…マチュピチュで会った30歳ぐらいの背が低く頑丈そうな男性、第六の予言で人々の手助けをする、サンチェス神父と伝道本部に行った後、改心したコストス神父と共にリマへと向かうが拘束され、天の遺跡で逮捕された主人公が国外退去になる直前に再会

パブロ…ブルクバ近郊に拘留された時に出会った若いペルー人男性、第七の予言を理解していてコストス神父を説得する

セバスチャン枢機卿…カトリック内部で写本に敵対的な勢力の中心的人物

コストス神父…ブルクバで写本弾圧の尋問を行っていたがパブロの説得に応じ、ウィルの指示で伝道本部に行ってサンチェス神父にメッセージを伝えカール神父とリマで拘束される

カーラ・ディーズ…5歳の娘マレタを育てている40歳ぐらいの女性、第八の予言を理解する時にルノーから助けられた

ホアン・ヒントン…地方の有力者で野生動植物の保護官、写本支持者

ウィリー・スチュワート…イキトス近郊で宿屋を経営しているイギリス人で写本支持者、本人は登場しない

エドモンド・コナー…ドブソン教授とスチュワート・インで待ち合わせていた教授、国外脱出のためリマへと向かう

ポール神父…コナー教授をリマまで送る


“我々人間は、いつも相手を何とかうまく操ってやろうという態度を取っています(中略)人間が互いに相手を出し抜き、支配しようとするのは、外の世界の具体的な目的のためではなく、心理的な高揚感を得るためでもあります。これこそ、個人のレベルでも国家のレベルでも、こんなにも多くの非合理的な争いがある理由です”

“誰かに身体的に支配されると、実は心まで奪われる(中略)こうした心理的な暴力は、人間の文明史を通して常に生じています。それもしばしば、善意の人によって、起こったのです”

“愛の役割はずっと誤解されていました。愛とは善人になるために何かするとか、道徳的義務感から世界をもっとよい場所にするとか、あるいは快楽を諦めるべきだというようなことではありません。エネルギーとつながると興奮し、至福感を感じ、それから愛を感じます。この愛の状態を維持するために、十分なエネルギーを見つけることは確かに世界を助けますが、それよりもまず第一に、自分のためになります。それは私たちにできる最も気持ちのよいことなのです”

“他人をコントロールする型とは、私たちが子供の頃、人の注意を引き、エネルギーを自分に引きよせようとして学び取ったもので、私たちはそこから抜け出せなくなっています。(中略)自分でわかっているのは、同じ出来事が何回も自分に起こるということだけです。(中略)エネルギーを人から盗むためにこの同じドラマをくり返して、映画の進行を止めてしまうのです”

“人生で難しいことは、答えを得ることではありません。あなたの現在の問題を認識することです。何が問題か正しくわかりさえすれば、答えは必ず出て来ます”

“あなたの美に対する感覚で、あなたの行くべき方向を決めなさい。あなたに答えをくれる場所や人は、他よりもずっと輝いて魅力的に見えます”

“あなたの体はあるレベルで振動しています。あなたのエネルギーを低くしすぎると、体が傷つき病気になります。ストレスと病気の関係です。愛は私たちの波動をあげる手段なのです。私たちを健康にしてくれます。愛はそれほど大切なんですよ”

“この幸福感とエネルギーは、宇宙との完全な結合から生ずる完全性とよく似ています。実際は、ただ、自分の半身を外部に求めているもう一人の人間と、一緒になっただけなのです。(中略)二人の人間が、自分たちが作ったこの一つの完全なる人間を支配したいと思い、子供時代と同じように、両方とも相手を支配したいと思います。この完全だという錯覚が、常に権力闘争へと発展してゆくのです。そして最後には、自分の行きたい方向へこの完全なる自己を導いてゆくためには、相手を無視しなければならなくなります。でも、もちろん、これはうまくゆきません”
0
    | books | 2013.06.02 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top