おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近の初体験 >>
最近聴いたCD
THE RED HOT CHILI PEPPERS「RHCP」「One Hot Minute」

職場の同僚に貰ったCDで'95年の作品みたいです、解説書どころかケースも何もないので詳細は不明という次第で…盤面の、さくらももこチックなキャラと一緒に描かれてたアルファベットがアルバム・タイトルかと思ったのですが実は関係ないのかもしれません。(追記;アルバム名が間違っていましたので訂正しました
何で彼がCDをくれたかというと、僕が「レッチリってフィッシュボーンの焼き直しっぽい」と言っちゃったせいで…彼は割とレッチリ好きだったらしく「クソみたいなアルバムもあるけどコレはイケる」と言って、本作をくれたのでした。

まぁ僕もレッチリはベスト盤2枚ぐらいしか知らないし、フィッシュボーンだって最初の2枚しか聴いてないのですよ…だから両方のバンドを全作通して聴いてる人にしてみれば、僕の感想なんて(全然違ぇーよ!)なのでしょうけどね。
でもジャンルを横断するミクスチャーなサウンドは、フィッシュボーンの衝撃と比べたら単に洗練度合いの差でしかない気がします。
本作を聴いた後にフィッシュボーンを聴いたら退屈かもしれませんけど、今の感覚からすればフリーのベースラインだって結構80年代臭かったりするのです。

レッチリの不幸なところは妙に熱狂的な人気がある事なんです、それでつい辛口な見方をしてしまう訳で…もしもレッチリ信者が80年代にフィッシュボーンを聴いてたら、もっと冷静に評価してたでしょうにね。
要するにレッチリがクソなのではないし、本作もかっこいいアルバムなのです。
レッチリ信者にはパーラメントなんかもオススメですね、そりゃレッチリのセンス好さも否定しませんが。
「同僚オススメCD」シリーズその1

関連記事:
【最近聴いたCD】ジョン・フルシアンテ「ジ・エンピリアン」| 2010.10.06
【最近聴いたCD】ATAXIA「Automatic Writing」| 2011.12.24
【最近聴いたCD】V.A.「THE BEAVIS AND BUTT-HEAD EXPERIENCE」| 2013.12.24
【最近聴いたCD】RED HOT CHILI PEPPERS「BLOOD SUGAR SEX MAGIK」| 2014.05.18
【最近聴いたCD】THE RED HOT CHILI PEPPERS「The Uplift Mofo Party Plan」| 2014.08.01
【最近聴いたCD】ROCKET JUICE & THE MOON「同」| 2015.03.10
【最近聴いたCD】RED HOT CHILI PEPPERS「CALIFORNICATION」| 2016.03.12
0
    | music | 2013.06.09 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top