ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
TERENCE TRENT D'ARBY「Terence Trent D'arby's Neither Fish Nor Flesh」

'89年でしたか!
デビュー作で(R&Bに特化したプリンス)といった才能を感じた僕が興奮しながら買いに走ったセカンド・アルバムが本作でした…そして当時の僕には先鋭的すぎて愕然とした、ジャンルを超越した難解な作品として記憶されてた訳なんです。
テレンス・トレンド・ダービー、略してTTD…現在はサナンダ・マイトレーヤと改名して活動してるようですが、本作で挫折した僕は以降の彼を知りません。

しかしレッチリのギタリストが出したアルバムや、実験的と評されるようなアーティストの作品で本作を思い出す機会が増えてきて…いざこうして再び聴いてみると、自分の記憶が思い出補正以外の何物でもなかった事を思い知らされます。
当時はポップスやR&Bといった範疇で理解されるのを拒むような印象ばかりが強く残りましたが、今となっては全然普通に聴けてしまうんですね…それを(ようやく時代が彼に追い付いた)と解釈すれば、僕の面子も保たれる訳なんですが。

年を重ねると、新しい何かに出会っても過去の蓄積と関連付けて逆に古臭いと決め付けてしまうのかもしれません…温故知新じゃありませんけど、こうして記憶の源泉に改めて触れる事で新しい何かを新しい何かとして感じられるなら本作も決して無駄な買い物じゃなかったという訳ですよね?
だけども1作目で沸騰したTTDの人気が本作で一気に沈静化した、という認識は間違ってないと思います。

1作目で示した売れ線のコンポージングとソウルフルな歌唱、その延長に失敗したのかR&Bテイストの原点回帰が裏目に出たのか…最初の2トラックまではワクワク出来ましたが、以降はゴスペルやらモータウンやらブルーアイド・ソウルなどの焼き直しだった的な。
いやはや当時の僕は一体ナニに革新的な驚きを感じたのやら、別に悪くはないけどプリンスには遠く及ばないし実験的でもないです。
0
    | music | 2013.06.21 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top