ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ラフカディオ・ハーン(著)、池田雅之(編訳)「新編 日本の怪談」

初版'06年の角川ソフィア文庫、先日の「中国怪談」と一緒に見つけて買ったのですが…こちらもまたハズレでしたね、この編訳者もやはり善意の訳出が裏目に出てしまったようです。
子供に読み聞かせる事を想定したせいでしょうか、まぁ何にしても小泉八雲なら昭和30〜50年位の出版物が読みやすいのかも…あまり古いと言葉遣いや仮名遣いが古かったり、新しければ新味を出そうと余計な工夫とかしちゃう気が。

小泉八雲の怪談は本書を含めて大人になってから3〜4冊は読んでます、だけどその中で最も古い昭和30年代の本が一番面白かったイメージがありまして…文章としては不明瞭な箇所があったり終わり方も唐突だったりしましたが、おそらく原作に忠実な訳だったのではないかと思うのです。
聞き書きらしい曖昧さやオチのなさが醸し出す独特の不可解さ理不尽さ、そこに妙味を感じる僕としては丁寧にまとまってしまった「怪談」じゃ詰まらなくて。

本書は気を利かしたつもりかテーマ別に内容を分けていますが、それも小賢しいというか余計なお世話で。
学級文庫に並べるなら別だけど、大人の読者に対して過保護すぎといいますか慇懃無礼といいますかね…ただし終章の怪談エッセイは、異国人の原作者が感じ取った日本的な情感とその理解の深さが伺えて実に興味深いものでした。
でも「怪談」そのものは語り口の重要さを分かってない時点で失敗してますね、岡本綺堂の「中国怪奇小説集」を見習ってほしいものです。


関連記事:
【最近読んだ本】荒俣宏(編訳)「ゴードン・スミスの日本怪談集」| 2007.08.06
【最近読んだ本】松谷みよ子「あの世からのことづて」| 2008.09.24
【最近読んだ本】篠塚達徳「新釈 諸国百物語」 | 2010.07.12
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだ本】河島弘美「ラフカディオ・ハーン 日本のこころを描く」| 2011.10.14
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「完訳 怪談」| 2011.10.14
【最近読んだ本】遠藤ケイ「<山界風聞>おこぜの空耳」| 2013.10.15
0
    | books | 2013.06.29 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top