ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
角田潤「ヴィンテージアロハシャツ」

雑誌「ライトニング」のムック的な(木世)文庫の、初版'05年のウンチク本。
帯のコピーに“いま、大勢のコレクターたちが/かなり躍起になって集めてます。”とあり、内心(よく言うよ!)と思ってたらツレから実在する人物の話を聞かされビックリしました。
アロハシャツって、好きなんですけど柄の良し悪しとなるとサッパリなんですよね…じっと見てると訳分かんなくなるし、どこかネクタイのセンスに通じるような感じが僕にはあります。
なので単なる雑学としてではなく、もっとアロハを知りたくて読んでみました。

結果を先に言うと、やっぱり分かりませんでした!笑
いわゆるコレクターに人気の高いアロハシャツ、和柄にメニュー柄にランド・オブ・アロハ柄など…年代による流行りはあれど、どれも毒々し過ぎる配色で個人的に好みじゃないんです。
でもまぁ本来が観光客向けの土産物ですから、チープさ満点なのも当然でして…巷間に広まった発祥の俗説やハワイイの伝統的な衣服という嘘を暴き、貴重な資料や証言を基にアロハシャツの歴史が紐解かれます。

ちょっとしたドキュメンタリーながら、どこか物足りない気がするのは何故だろうな…それは多分、僕が期待してたような明快な答えがなかったせいでしょう。
アロハシャツは好きだけど、コレクターの目線と僕の嗜好とは違うんですね。
少なくともコレクターに人気の柄は僕の趣味じゃない、という事はヴィンテージという付加価値に踊らされる心配もなさそうです。笑


再読【2019.10.30】


関連記事:【最近読んだ本】リサ・キドナー&サム・ニー「ヴィンテージTシャツ」| 2013.04.22
0
    | books | 2013.07.02 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top