ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近行ったところ | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
南伸坊「李白の月」

まさに一気読み、でした。
先日の「中国怪談」と、小泉八雲の「新編 日本の怪談」に対する違和感から再び読みたくなったのです。
元々ある種の怖い話や不思議な話は好んで読む方だったと思うのですが、著者による本書と「仙人の壺」が示してくれた志怪の妙味は僕にピッタリ合ったのです…怖い話や不思議な話に僕が求めていたのは、つまりこういった種類の味わいだったよなぁといいますか。

それは例えば星新一のショートショートにも通じる淡白さであり、くだくだしくないんですね…でも推敲を重ねて削り上げたフィクションではなく、飽くまでも現実の伝聞録だそうです。
その伝でいくと後世ほど筆が走るというか簡潔さが失われて面白味が薄れるそうなのですけど、著者は中国でも古代の“作者の技巧や表現よりも、ホントにあったことを「ただ書いたダケ」のような『捜神記』”の“トボけたような、大らかな”テイストに近付けて結末を変えたりしています。

という事は「中国怪談」の編訳者とは逆ベクトルの意訳を、著者は施していた訳です…僕が何故、小泉八雲の怪談に惹かれたのかが分かるような気がしました。
中国の志怪や伝奇は明治大正期の文豪も翻訳してるようですが、日本文学のフォーマットに合わせようとして整理しちゃった事が却って味わいを損ねたのかも。
この非文学的な読後感、まるで自分自身が奇怪な体験をした直後に「えっ!今のナニ?」と空白になるような独特さが堪りません。


再読【2018.08.04】

〈怪談〉関連記事:
【最近読んだ本】荒俣宏(編訳)「ゴードン・スミスの日本怪談集」| 2007.08.06
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 木守り」| 2008.07.18
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 蔵の中」| 2008.08.02
【最近読んだ本】松谷みよ子「あの世からのことづて」| 2008.09.24
【最近読んだ本】岡本綺堂「中国怪奇小説集」 | 2008.10.07
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「完訳 怪談」 | 2010.05.19
【最近読んだ本】篠塚達徳「新釈 諸国百物語」 | 2010.07.12
【最近読んだ本】夢枕獏「奇譚草子」| 2010.10.10
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだマンガ】杉浦日向子「百物語」壱 | 2012.09.16
【最近読んだ本】阿刀田高・選「ひたすら奇妙にこわい話 寄せられた『体験』」| 2012.11.07
【最近読んだ本】話梅子(編訳)「中国怪談」| 2013.06.26
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「新編 日本の怪談」| 2013.06.29
【最近読んだ本】遠藤ケイ「<山界風聞>おこぜの空耳」| 2013.10.15
【最近読んだ本】志村有弘・編「戦前のこわい話 近代怪奇実話集」| 2014.02.12
【最近読んだ本】富岡直方「日本猟奇史 明治時代編」| 2014.06.07
【最近読んだ本】木原浩勝+中山市朗(著)、恩田陸(編)「新耳袋コレクション」| 2014.09.11
【最近読んだマンガ】宮部みゆき(原作)、皇なつき(作画)「お江戸ふしぎ噺 あやし」| 2014.10.19
【最近読んだ本】蒲松齢(作)、柴田天馬(訳)「和訳 聊斎志異」| 2014.11.19
【最近読んだ本】小野不由美「鬼談百景」| 2014.12.09
0
    | comic | 2013.07.01 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top