ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
SUICIDAL TENDENCIES「Freedumb」

これも「同僚オススメCD」シリーズです、スーサイダル・テンデンシーズというと僕は'94年頃にバイトが一緒だったバンドマン達を思い出しますが本作は'99年リリースみたいです。
同僚いわく「スーサイダルもアルバム毎に結構違う」そうで「本作以降はレッチリっぽい」らしく、ベースがスラップしてるのも本作からだそうで「以前はスラッシュぽいけどスラッシュとも違う感じだった」と。

しかしメンバーはツイン・ギターの4人編成でベースはメンバーじゃないんですね、基本的にギターは2人とも同じポジションのコードをユニゾンしてるようで単純ですが分厚いです。
そしてベースの音は如何にもアクティブ・サーキットの抜けが良いドンシャリ、当時のマーカス・ミラーとかに似た個人的には最も心惹かれない音質でスラップも凄いって程じゃなくて。
ドラムスもツーバスではありませんがX-JAPANみたいな感じで早くて正確です。

ジャケ裏のロゴマーク調イラストに“CYCO PUNK”とあるので、彼らのジャンルはサイコ・パンクなのでしょう…サイケデリック・ロック+パンク・ロック、ではなくサイコビリー+パンクなのだと思いますが。
といってもサイコビリー自体が今ひとつ分からないんですけどね、ロカビリーあるいはヒルビリー要素が感じられないのは彼らに限った話でもないんですけど。

ブレイクやアクセントの付け方が凝っていてライブは盛り上がりそうです、しかしながら演奏するとなるとパワーコードで一本調子なので逆に覚えてるのが難しいんだろうな…まぁ聴いてる方も欲求不満で血の気の多い年頃ではないせいか、どれも同じに聴こえます。
全14曲40分、まるでラスト1曲のための長い前奏だったんじゃないかって思ったりもしましたが…ラストだけ別のバンドかって位テイストがレッチリで、もしや長い前奏でダレてたせいなのか非常にカッコ好い曲に聴こえるのですよね。
「同僚オススメCD」シリーズその6
それとラスト前の「Gaigan go home」ですが・・・“ガイジン、カエレ!”って、なんで?笑
0
    | music | 2013.07.12 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top