おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近みたDVD | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
JAGATARA「ニセ予言者ども」

同僚君からのオススメCDに返礼として、僕からオススメしようと買った本作…まぁオリジナル・リリースは'87年なので、これまたAmazonの中古盤なのですけど。
本当なら「暗黒大陸じゃがたら」時代の濃ゆいアルバムで同僚に一矢報いたいところですが、僕が初めて聴いたのが本作なのです…それにベスト盤で聴いた中でも、やはり本作の収録曲が一番好きだったんですよね。

当時「ロビンソンの庭」という田口トモロヲ主演(?)の映画で本作の曲が使われていて、一緒に観た音楽通の友人がカセットテープにダビングしてくれた本作…全4曲で約40分という長尺ファンク、しかしリマスタリングで聴こえ方が変わったのか当時のテープ音源とは何か違うんですよねぇ〜?
特にボーカルのトラックは部分的に差し替えたか別テイクっぽいですよ、決して厭な感じはしませんし新鮮に聴けるから得した気分ですけど腑に落ちないのも事実です(もしやオリジナルがインディーズ盤だった故の利権的な理由とか?)。

故・江戸アケミの声は、今も僕を煽り立てるのです。
活字で読むと意味不明な歌詞も、アケミが歌うと頭をふっ飛ばして心に届く…特に「みちくさ」「ゴーグル、それをしろ」、そして映画のワンシーンがオーバーラップしてくる「都市生活者の夜」はジャガタラの辿り着いた至高ではないかと僕は思ったりもします。
こういった歌は、スターリンで遠藤ミチロウが歌った「アザラシ」位しか他に思い浮かびません。
オススメCDその1です。

追記:同僚君の感想は「米米クラブ!」でした、まぁ1曲目「少年少女」の印象が強かったんだろうなぁ・・・しかし米米も爆風スランプ同様、2ndまでは面白かったのに。笑


関連記事:
【最近聴いたCD】JAGATARA「西暦2000年分の反省」 | 2008.10.23


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『JAGATARA - みちくさ - R&R OLYMPIC '87』(12分超あります、南流石ってじゃがたら出身だったのね)


『ロビンソンの庭』(トモロヲは主演じゃなかったですね!)
0
    | music | 2013.07.15 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top