ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
山上たつひこ「がきデカ」2巻

甥っこ姪っこの読みそうな本を探しに行ったら見つけて衝動買い、まさか彼らに薦めたりしたら妹に怒られそうなので自分用として。
初版'99年の秋田文庫、巻頭5ページがカラーとは粋な計らいですねぇ〜!
なんといっても連載開始が'74年ですから、いくらなんでも今となっては古びていて笑えないと思ってましたが…未だ充分に面白いんですよ、流石に爆笑って事はありませんけども。

惜しいのは文庫サイズで画面が小さい事ですね、ダイナミックなコマの勢いがせせこましくなってる気が。
絵柄の古さと、元々カラーページだった塗り色の濃淡が縮小された分だけ見辛く感じさせるのです。
まぁ時代の話を持ち出せばキリがないですが、この過激なギャグが少年漫画誌で許されていたんですね…昔が大らかだったのか、今が綺麗事すぎるのかもなぁ?

日本漫画のギャグを変えたのは本作と「マカロニほうれん荘」だったと僕は思っていて、だけど実は思い違いというか思い出補正だったんじゃないか…そんな気持ちを抱いていたのですが、やはり本作は間違いなく現在のギャグ漫画の基本といいますか源流でしたね。
余談ですが著者は本名の山上龍彦として小説家に転向しましたが、日本の土着的な風土を盛り込んだ作品が多い印象で漫画と違うユーモアも含めて好みです。


関連記事:【最近読んだマンガ】鴨川つばめ「ドラネコロック」| 2014.03.28

関係あるかもしれない記事:
【最近行ったところ】徳島| 2016.06.10
0
    | comic | 2013.07.13 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top