ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近買ったもの | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
V.A.「コミック星新一 ショートショート招待席」

初版'10年の秋田文庫版で、初出は'02〜04年のコミック・アンソロジー。

巻頭は「ぼくらの」などセカイ系漫画の鬼頭莫宏が描く「空への門」、これが青春物に仕上がっている。
もちろん星新一の原作ありきの企画ではあれど、どの漫画家も原作に沿いながらも寄りかからない出来だ。
阿部潤は“「冬の蝶」はセリフも場面展開も小説のまま忠実にしてみました。「処刑」の方は主人役(ママ)の気持ちを僕なりに解釈して自由につくらせていただきました”と書いている。

他に収録された作品は、小田ひで次による「夜の事件」と「箱」、あとはJUN「ボッコちゃん」、川口まどか「宿命」、白井裕子「午後の恐竜」、木々「天使考」、志村貴子「生活維持省」、鈴木志保「ゆきとどいた生活」の11編。
正直、最初は原作者の看板を借りた新人漫画家の顔見せ的な企画物と思った…だが手に取って鬼頭の作品をパラパラ見て、買って読むに値すると感じたのだ。

未読作もだが、記憶に新しい原作であっても充分に楽しめたし、どの作品もよく練られていて原作の刈り込んだ言葉の豊かな情景に改めて感嘆させられた。
甥と姪に読ませる本を物色していたのだが、きっと本書は良い入門編となってくれるだろうなと思った。
まだ幼い彼らが理解できなくても構わない、強制もしないが興味を持って本に親しむ契機となれば嬉しい。


関連記事:
【最近読んだ本】星新一「気まぐれスターダスト」| 2007.09.24
【最近読んだ本】星新一「凶夢など30」| 2009.12.24
【最近読んだ本】星新一「たくさんのタブー」| 2010.10.04
【最近読んだ本】星新一「宇宙の男たち」| 2011.08.06
【最近読んだ本】星新一「味わい銀河」| 2011.09.29
【最近読んだ本】星新一(著)、和田誠(絵)「奇妙な旅行」| 2012.07.07
【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション1 時空の旅」| 2012.10.17
【最近みたDVD】「星新一ショートショート02ダークサイドエディション」| 2015.03.07
【最近読んだ本】V.A.「5分で凍る! ぞっとする怖い話」/V.A.「七つの怖い扉」| 2016.08.17
0
    | comic | 2013.07.16 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top