おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
ZAP MAMA「同」

先日のダーティ・プロジェクターズとビョークのアルバムを聴いていて、もう一度ザップ・ママを聴き返したくなったのです。
未だにカセットテープは保管しているのですが、ずっと聴けない状態ですし…それと同僚にザップ・ママのサウンドを言葉で説明するより聴いてもらった方が早いと思い、Amazonで探して中古を購入した次第です。
彼女らは、ドゥワップとボイス・パーカッションをミックスしたような和声とトライバルな曲調の5人編成コーラス・グループです。

本作リリースは'91年ですが僕が友人に薦められて聴いたのは'96年頃でした、日本盤が出たのは'93年だったんですね…ダーティ&ビョークのアルバムより20年も前という訳で、それならパクりも許されます。
20年も経てば流行だって一巡しますし、それでザップ・ママが再評価されるなら好いんじゃないかと。
SOUL II SOULを筆頭にクラブ系で注目を集め、ENIGMAなどヒーリング系まで裾野を拡げた90年代初めのワールド・ミュージック旋風でしたが…なんとなく彼女らは乗り損ねちゃった感じ、結構よかったのにねぇ。

結成はベルギーですが、最大の特徴はピグミー族のポリフォニックな唱法を活かしたハーモニーですね…そこにスペインの古典音楽やシリアの歌、ソンというカリブ諸島の土着的リズムを取り入れるなどエスニックかつミクスチャーなサウンドを聴かせてくれます。
ちょうど録画して観てる途中の坂本龍一「スコラ〜音楽の学校」でレクチャーされたばかりのポリリズムや、川面を手で叩いて歌うザイールの歌などもあり復習みたいで面白かったです。


追記:同僚君の感想は「(ダウンタウンの)松っちゃんがやってた“アフリカの選手が国歌斉唱するギャグ”を思い出して笑った!」でした、あぁーなるほどね・・・。笑


関連記事:
【最近聴いたCD】デーモン・アルバーン&マリ・ミュージシャンズ「マリ・ミュージック」| 2007.10.25
【最近聴いたCD】マイルス・デイヴィス「TUTU」| 2009.05.16
【最近聴いたCD】ユッスー・ンドゥール「ジョコ」| 2009.07.25
【最近読んだ本】リンド・ウォード「狂人の太鼓」| 2009.09.03
【最近聴いたCD】ディー・ディー・ブリッジウォーター「レッド・アース」| 2009.11.02
【最近の驚き・発見】太鼓の皮が破れてた事| 2010.05.12
【最近聴いたCD】マイラ・アンドラーデ「ナヴェガ〜航海」| 2011.08.10
【最近聴いたCD】「決定盤!!アフリカンドラム・ベスト」| 2013.03.29
【最近聴いたCD】KEZIAH JONES「AFRICAN SPACE CRAFT」| 2014.01.14


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『ピヒョリレーナリ・ボリリレン』(同僚君が言ってた「アフリカの選手が国歌斉唱するギャグ」です、これは反論できないw)


『Zap Mama - Son Cubano』(上のギャグに近い曲ですね、むしろ「Mupepe」とか「Ndje Mukanie」「Brrrlak」を評価してほしかったけどねぇ。笑;Sound only)
0
    | music | 2013.07.18 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top