ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近もらった物 | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
J.P.ホーガン(原作)、星野之宣(漫画)「未来の二つの顔」

あとがきによれば、原作の小説が発表されたのは'79年で邦訳が'83年…それから約10年後の'92年に漫画化され、本書は更に10年後の'02年に刊行された講談社漫画文庫版です。

作品の舞台は今から15年後の2028年、ガンダムでお馴染みとなったスペース・コロニーです…既に地球上は2010年に開設された“アースコム”から“タイタン”という全地球ネットワーク・システムに移行した、現実にはならなかったけれど35年前時点の近未来。
実際にインターネットを予言していた点は凄いですが全地球ネットワークなんて未だに夢のまた夢ですからね…それに宇宙進出も当時ほど勢いがなくなるとは、まさか考えもしなかったんだろうなぁと思います。

それにスペース・コロニーも、ガンダムの円筒形を高層ビルに例えるなら平屋レベルの厚さしかないキノコみたいな建造物なのです。
テーマは人工知能vs.人類、というと「シンギュラリティ・コンクェスト」みたいですな…いや人工知能への恐怖から戦闘に至り、最終的には共存へと落ち着く流れも似てはいますけど。
といいますか、こちらを先に知ってたら「シンギュラリティ〜」はオマージュにもなってない単なる美少女ロボ萌えのラノベかも。笑

原作の書かれた時代を知らずに現代のラノベとは比べないでください、今となってはSFなんてジャンルは存在し得ないのかもしれませんね…これほどの未来予測と発想力も、それ以上に(非現実的な装置を用いた思考実験)というSFやファンタジーの本質を受け継ぐ作品も滅多にお目にはかかれなくなった気がして。


関連記事:
【最近読んだ本】ジェイムズ・P・ホーガン「星を継ぐもの」| 2010.05.16
【最近読んだマンガ】星野之宣「残像」| 2011.05.05
【最近読んだマンガ】星野之宣「MIDWAY 歴史編」| 2012.01.18
【最近読んだ本】アーサー・C・クラーク「宇宙のランデヴー」| 2014.09.29
0
    | comic | 2013.07.22 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top