おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
藤子・F・不二雄「箱舟はいっぱい」

こちらは初版'95年の小学館文庫「藤子・F・不二雄[異色短編集]3」です、収録作12編の初出は'73〜'82年と割かし古め。
基本的には星新一のショートショートみたいな不条理SF、絵柄は「ドラえもん」的ですが掲載誌が子供向けではないので内容も決して子供向きではありません…だけど、そういう本も甥っこ姪っこ文庫に混ざってても好いんじゃないかと。
よく意味は分からないけど薄気味わるい感じの話とか、なんとなく恐い話なんてのも読んで好いと思って。

まるで現在公開されてる邦画のように俺が増殖していく話や「ドラえもん」のセルフパロディなどもあり、また古代史のIFものもあったりとバラエティ豊富…ただ時代的に冷戦や「ノストラダムスの大予言」の影響が強く、前に読んだ「サイボーグ009」「幻魔大戦」などと同様に未来世界は荒廃して描かれます。
もはや核ミサイルよりも原発による“核の冬”の方がリアリティある時代ですから、今の20代が読んだってピンとこないのかもね?


〈藤子・F・不二雄〉関連記事:
【最近読んだマンガ】「ぼくは神様」| 2009.08.17
【最近読んだマンガ】「ジャングル黒べえ」| 2012.08.17
【最近読んだマンガ】「ドラえもん[のび太♡しずか編]」| 2013.07.25
0
    | comic | 2013.08.06 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top