ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
ZAKK WYLDE「Book Of Shadows」

再聴
今はブラック・レーベル・ソサイアティを率いるザック・ワイルドが、オジー・オズボーン・バンドを脱退する前後の'96年に発表したソロ・アルバムです。
当時の印象は(ランディ・ローズの再来か)というと大袈裟ですが、今のゴツさからは想像もつかない華奢な美少年系でしたからね…あの少女漫画から抜け出したようなルックスでこの渋い歌声は非常に驚きでした、そして恐ろし気なジャケに反してカントリー&ウェスタンやサザン・ロックの泥臭さとハードロックの様式美という曲調も意外で。

アコギを主体としながらも要所々々で歪み系エレキ・ギターが炸裂する、静と動のメリハリを効かせた統一感のあるアルバムですね。
後のサウンド的な特徴となるピッキング・ハーモニクスは聴けませんけども、やはりギター・ソロとなるとフレーズにザックらしさが…ってヘビメタなどを聴かない人にはギターの歪んだ音なんて一緒かもしれませんけど、僕にとって彼の出す音は常に快感なのです。
いわゆるロック・ギタリストは音色で個性を競うような部分があって、その辺の相性は大きいんですよね。

ギターの他にピアノも弾いていて、ギタリストの速弾き自慢作ではありません。
ブラック・レーベル・ソサイアティのバラードには本作っぽさを感じますし、本作とBLSの間に1枚だけ出したプライド&グローリー名義のアルバムは両方の中間という感じもしますね…オジーのバンドから自身のバンドへ至る過程、だけど迷ってないしブレてもいません。
野太さと繊細さとが同居しながら、破綻を感じさせない完結しているアルバムです。


関連記事:
【最近聴いた音楽】ザック・ワイルド「ブック・オブ・シャドウズ」| 2007.09.11
【最近みたDVD】「ZAKK WYLDE'S BLACK LABELE SOCIETY EUROPEAN INVASION DOOM TROOPIN' LIVE」(DISC 2)| 2013.05.10
【最近みたDVD】「ZAKK WYLDE'S BLACK LABELE SOCIETY EUROPEAN INVASION DOOM TROOPIN' LIVE」(DISC 1)| 2013.05.22
【最近聴いたCD】ZAKK WYLDE「Book of Shadows II」| 2018.04.30
0
    | music | 2013.07.30 Tuesday | comments(0) | - |













    ↑ top