ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「プロメテウス」

'12年に公開された、リドリー・スコット監督による気宇壮大なSF映画です。
実は公開当時のTVCMで90年代のSF映画「スターゲート」を連想して(こりゃ絶対に滑るな)と思ったし、ビジュアル頼りのなんちゃってSFだろうとは想像してたんですけどね…うっかり借りちまいましたよ、酔っ払っていて軽く魔が差したんでしょうな。笑
内心は監督たちの作品解説コメンタリーを期待してたのに、そういう特典は皆無だったのでガッカリです。

ずばり「H.R.ギーガーで底上げした『スターゲート』」ですわ、途中から「エイリアン」へのオマージュっぽい気がしていたら御本人とはね…音楽にもジェリー・ゴールドスミス作曲「Theme from alien」を入れてるし、話が進むにつれ展開も演出もエイリアン味が増してゆく感じが不気味で恐ろしいというスプラッタ入りSF調サスペンス。

「エイリアン」は名作だったけれど、まさか最後の最後で(本作はエイリアン誕生秘話でした〜)ってのはね…それならそうとハッキリ謳わなきゃ、騙された気分です。
関係ないでしょうが、日本では「フランケンシュタイン」で知られるゴシック小説の原題が「フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメテウス」なのだとか。

時は2089年、世界各地の古代遺跡に共通する文様から未知なる天体が導き出され…人類創成の秘密を解き明かしに、何の根拠もなく出掛けて行ってしまいます。
タイトルはギリシャ神話に登場する“人間を神の地位に高めようとして――神の座を追われた”神の名であり宇宙探索船の名前でもあります、しかし関連性は特にないハッタリでしょう。
どいつもこいつも粗忽者で60億年も離れた惑星にいる緊張感ゼロ、創造主が滅ぼしたくなるのも納得。笑

しかし1人だけ吹替えのド下手な声優がいましたよ、上戸彩にCVやらせた方が好かったのに…何故そんなに剛力推しなのか本当に不思議、まぁ役者も及第点は「ハンコック」で好演していたシャーリーズ・セロン位だけど。笑
0
    | cinema | 2013.08.20 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top