ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「トータル・リコール」

バーホーベン監督のではなく、レン・ワイズマンなる監督による'12年の方です…しかし本作は旧作のリメイクというより、原作を異なるアプローチで描き出した一種のバージョン違いという感じかもしれません。
21世紀末に地球規模の化学戦争が勃発し、大部分が人の住めない環境となった未来…地球の真裏にある富裕層の区画へと、文字通りの交通手段“フォール”で通勤する労働者たち?
そんな設定、旧作どころか原作にもありませんでしたよねぇ。

やはり未来は「ブレードランナー」的なサイバーパンク、要は夜と雨とアジアの喧騒ね…まぁ好きなんですけどこういうの、そしてシュワルツネッガーと違ってリコール社には行くけど火星には行かないのです。
7年連れ添った愛妻が6週間前に妻を演じ始めた監視役で、消された記憶を取り戻せないまま急変した状況に翻弄される主人公は「ボーン」シリーズそっくり…反射的に警官を撃退したり入り組んだ家並みを逃げまくる体術も、身に覚えのない貸金庫から物騒な代物が出てくるのもオマージュ?

しかし追っ手は“ステキな鬼嫁”ケイト・ベッキンセール、夫で裏切り者で伝説の先輩コリン・ファレルに抱く殺意の含みがコワイ!…ちなみにレジスタンスの代表者は「銀河ヒッチハイク・ガイド」のビル・ナイ、それと本作にはワン・パイならぬ3パイも出てきますけど別に「クン・パオ!」は関係ないんだよね?笑
ピアノの場面でも「ブレード〜」を連想しましたが、ベートーベンの「テンペスト」が演出的にカギとか?

大体P.K.ディックの原作は短編で、旧作にしても本作にしても導入部から後は独自展開なんですが…二重スパイの設定から更に捻って、やはり記憶をテーマにしたウィリアム・ギブスンの作品を映画化した「JM」のテイストまで織り込みつつもクライマックスはそこじゃないというね!
思えば「ブレードランナー」も記憶がテーマで、P.K.ディックが追究していた自己存在の一側面でもあります…しかしこの“TSUTAYAだけ!”って銘打たれたDVDは(資金回収できない駄作か版権切れの古い名作か)だと思ってましたが、考えを改めなきゃ!笑

どうでもいいけどエンドロールのキャストが分かりにくかったな、登場順でもアルファベット順でもないので…ハリウッド映画には特に決まりがないのかなぁ、端役は省略していいとか?


以下は、個人的メモ。

“答えは過去にではなく現在にある それが真実だ”
“過去は主観的な概念にすぎん 我々にはそれが真実に見える だが心は今を生きようとする”


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『映画『トータル・リコール』予告編』
0
    | cinema | 2013.08.22 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top